OLIVER

スタイリッシュノートPCセレクション

LIFE
近年、ノートPCはスペック向上しつつ小型軽量化が進み、ビジネスパーソンの必須アイテムになりつつある。物欲高まるこの時期、仕事やプライベートに活用できる、薄型ノートPCにフォーカス。HDモデルに比べて読み込み速度が劇的に向上しているSSDタイプを中心に、薄型でデザイン性に優れたモデルをセレクトした。タブレット感覚で気軽に持ち運べる、ライフスタイルに溶け込むデザインのノートPCを新年から“相棒”にしてみては。

(記事内のサイズについて)
横幅×ディスプレイを開いたときの高さ×ディスプレイを閉じた時の厚さ※単位:ミリ

ラグジュアリーデザイン&フレームレスの美麗なディスプレイ

XPS13(DELL)124,980円〜 ※編集部調べ

ベゼル幅わずか5.2mmで本体サイズとディスプレイサイズがほぼ同じ、「フレームレスディスプレイ」が特徴で、11インチの本体に13インチのディスプレイを搭載。ノートPCとしてはトップクラスの3200×1800ピクセルの高解像度を誇る。薄型ノートながらもUSB端子、USB-C端子両方を備え、キーボードもフルサイズ、バッテリー稼働時間も最大21時間と長くて使い勝手が良い。ローズゴールドとシルバーの2色を展開。奇をてらわず、ノートPCとしてシンプルにデザインと機能性を突き詰めている。グッドデザイン賞受賞モデル。
サイズ:幅304ミリ×奥行き200ミリ×高さ9〜15ミリ
重量: 約1.2kg〜1.29kg
ポート:SDカードリーダー、USB 3.0×2、USB-C×1
ストレージ: 256GB (SSD)
ディスプレイ: 3200 x 1800ピクセル(タッチ対応)、1920 x 1080ピクセル(タッチ非対応)
バッテリー:最大約21時間
カラー:ゴールド、シルバー

スタイリッシュPCの王道がさらなる進化

MacBook Pro 税抜14万8800円〜 ※Touch BarとTouch IDモデルは税抜17万8800円〜

マックブックの最高峰モデルが大幅リニューアル。キーボードの上部を占領していたファンクションキーを排除し、アプリケーションに合わせて機能が変化する「Touch Bar」を設けた。前モデルよりさらに薄くなり、約1.5センチという薄型ボディに第6世代のIntel Coreプロセッサを搭載し、3Dモデルのレンダリングやビデオの編集といったプロレベルの処理が要求される作業でもパフォーマンスを発揮する。また、グラフィックス性能が一世代前のモデルよりも最大130パーセント速度UP、スピーカーも一新して低音が2.5倍大きくなり、迫力ある重低音が楽しめるほか、トラックパッドが大きくなるなど、多方面で進化を遂げている。
サイズ:幅約304ミリ、高さ212.4ミリ、厚さ14.9 ミリ(13インチ)
重量: 1.37 kg (13インチ)、1.83 kg(15インチ)
コネクタ:USB-C×2〜4 ※13インチ版は2ポート
ストレージ:128GB〜256GB(SSD)
ディスプレイ: 2560 × 1600ピクセル(13インチ)
バッテリー: 最大10時間
カラー:シルバー、スペースグレイ

マイクロソフトの本気が凝縮

Surface Pro 4  121,824円〜 ※編集部調べ

マイクロソフト製の超薄型ノートPC。本体背面のキックスタンドを立てる鑑賞モードのほか、キーボードの切り離しも可能なマルチポジションが特徴のひとつ。顔認証技術によりパスワードの入力が不要で、よりクイックに起動ができる。12.3 インチの高解像度ディスプレイは、美しい描画はもちろん、タッチ操作と同梱のSurface ペンによる手書き入力に対応。タブレットとノートPC両方を持ち歩く必要はなく、1台でさまざまな使い方が可能だ。ビビッドなカラーの専用アクセサリーで、自分好みにカスタマイズできるのがうれしい。もちろんマイクロソフトのオフィスソフトも標準搭載する。
サイズ:約 幅292ミリ×高さ201ミリ×厚さ8.4ミリ
重量: 766g〜
コネクタ:USB 3.0、SDカードスロット
ストレージ: 128GB〜1TB
ディスプレイ:2736×1824ピクセル
バッテリー:動画再生最大約 9 時間

ビジネスマシンとしての「快適さ」に特化した設計

VAIO S13  税抜11万4800 円〜 ※編集部調べ

「ビジネスストレスフリー(快)」をテーマに快適さにこだわって設計された薄型ノートPC。手首や手のひらに負担のかからない角度、ディスプレイ上部に設置する高感度Wi-Fiアンテナ、ノートパソコンで犠牲になりやすいスピーカーの音質を、大容量のボックススピーカーで向上させるなど、快適性を追求。さらには、耳障りな音域をカットするキーボードの打鍵音までデザインするなど、徹底的に実際の使用感にこだわって設計されている。ボディの側面を六角形に削り、衝撃に対する耐久力を向上しているほか、加圧、振動、落下、角の耐久性、本体ひねり…6種の耐久実験により、蓄積ダメージを想定した堅牢な設計も魅力的。
サイズ:約 幅322 ミリ×奥行217ミリ×厚さ14.3〜18.9ミリ
重量: 約 1.19kg ※タッチパネル選択時
コネクタ:USB×3、SDカードスロット
ストレージ: 128GB〜512GB(SSD)
ディスプレイ:1920×1080ピクセル
バッテリー: 約10時間
カラー:ブラック、シルバー

ラグジュアリーを突き詰めたメーカー最上位モデル

ラグジュアリー・モバイルPC HP Spectre 13 税抜13万9800円〜 ※編集部調べ

ダークグレー&ブロンズゴールドをテーマカラーにした、「ラグジュアリー」がデザインコンセプトの一台。ヒンジ部の埋め込み設計により閉じた時には完全にフラットになるデザインながら、天面加圧試験では300kgをクリアするタフさも備えていて、満員電車などでも安心して持ち歩ける。底面部に軽量かつ剛性に優れたカーボンファイバーを使用した軽量設計で携行性も良い。HP最上位ブランドに位置するモデルとして、第7世代のインテルプロセッサーを搭載し、高速駆動SSD、ボディ左右のデュアルスピーカーなど性能面も非常にパワフル。世界的に著名デなザイナー、トード・ボーンチェ氏とジェス・ハンナ氏のデザインで、ダイヤモンドや18Kゴールドなどを施したプレミアム版も展開する。純正アクセサリーも高級感のある本体の世界観と合わせたデザインになっている。
サイズ:幅325ミリ×高さ229ミリ×厚さ10.4ミリ(最薄部)〜11.2ミリ(最厚部)
重量: 約 1.11kg
コネクタ:USB-C×3
ストレージ: 256GB(SSD)
ディスプレイ:1920×1080ピクセル
バッテリー: 約10時間
カラー:ダークグレー 、ブロンズゴールド

携行性に優れた薄くて軽いタブレットPCタイプ

HUAWEI MateBookキーボードセット7万5384円〜※2016年12月編集部調べ (MateBook Keyboard は別売1万5984円)

日本国内ではスマートフォンメーカーとして展開するHUAWEIのタブレットPC。携帯性を最優先にデザインされており、タブレットPCならではの薄さと軽さが最大の特徴。第6世代 Intel Core M デュアルコア・プロセッサーを搭載するほか、512GBのSSD、最大8GBとPCと遜色ないパワフルな使い方ができる。防滴仕様なので、ビジネスだけでなくレジャーシーンでも活躍しそうだ。スタイルに合わせて必要なアイテムを追加する。オプションのタブレットペン「MatePen」(別売8424円)はページ送り機能やレーザーポインタも付いたビジネスを意識した作り。コネクタがUSB-Cのみだが、拡張ドック(別売)を使えば、USB、LANケーブル、VGA、HDMに接続できスタンド型PCとしても活用できる。シンプルを突き詰めたスタイリッシュなアイテムをそろえている。
サイズ:幅278.8ミリ、高さ194.1ミリ、厚さ6.9ミリ
重量: 約 640g ※本体のみ
コネクタ:USB-C×1
ストレージ: 128 GB〜512GB(SSD)
ディスプレイ:12インチ、2160×1440ピクセル
バッテリー: 約9時間
カラー:ゴールド、グレー(キーボードはブラック、ブラウン、オレンジ、ベージュ)




(協力/Apple、DELL、Microsoft、VAIO、HP、HUAWEI)
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事