OLIVER

心が「動く」ユーモア術 〜Lesson1 笑いは“能力”ではなく“技術”〜

LIFE
ガハハという大笑いから、クスッとした笑い、幸せな気分で顔がほころぶ笑顔…笑いもいろいろな種類はある。楽しいと笑い、また、笑うことでも楽しくなれるもの。そんな風に、人を笑顔にできる存在になれたらどんなに素敵だろう。そこで、ユーモア学の学者であり英語落語家でもある、大学教授大島希巳江さんに聞いたユーモア術を紹介する。

レッスン1は日本人に誤解されがちな「ユーモア」とは何か、基本的な考えを解説。
レッスン2ではユーモアセンスを身に着けるための基礎トレーニング方法を紹介する。
TOPICS
・Lesson1 笑いは“能力”ではなく“技術”
・Lesson2 ユーモア力が付く簡単トレーニング
Profile
大島希巳江さん
神奈川大学 外国語学部 国際文化交流学科教授。国際ユーモア学会会員。専門分野は異文化コミュニケーション・社会言語学・ユーモア学。コミュニケーション全般、および英語教育における"笑いとユーモアの効果"を専門研究としている。その一環として1997年から英語落語の海外公演をプロデュースし、自身も古典・新作落語を演じ、自ら司会を務めるなど意欲的に活動中。アメリカ、フィリピン、インド、ブルネイ、パキスタンなど海外公演は世界約20カ国、200回を超える。また、企業の営業成績とユーモアとの関連性、英語習得に効果のあるユーモアやジョークについてなど、幅広い講演活動を行っている。

「ユーモア学」とは?

国際ユーモア学会のオフショット

国際ユーモア学会のオフショット

「ユーモア学はちゃんと海外では確立された学問で、国際ユーモア学会の会員は世界で2000名近くいます。ユーモア学のみをやっている人は少なく、携わる人は実は医療関係の人が多いんです。医者、薬剤師など医療関係者は笑うことを健康の為と考えていますし、免疫を高めるための“薬”として考えている。医療だと、例えば笑うことによって痛みが軽減できるというデータや痛み止めの代わりに笑うことを推奨するケースがあったり、一日20分笑うとガンの予防効果があるという研究データもあります。ストレスを貯めないためにも笑いは効果的だと言われています。そのほかにも、心理学、社会学、いろいろな分野の方がユーモア学に携わっています」

国際化が進む日本はユーモアが必要

日本では聞きなれない学問だが、海外に比べて日本はユーモア学の後進国だという。「日本人の笑い」について国際ユーモア学会で印象的な出来事があったそう。
「海外で、日本人は笑わない、とよく言われました。そんなことないよって言っても、「ジョークを言わない」「日本人は笑っているように見えない」と。パブリックイメージとして日本人は笑わない人たちと思われているんですね。そして、実際に笑う機会が外国と比べて少ない。今まで日本にはユーモアを学問的に捉える人がいなかった。ある意味「真面目」とは正反対のことだから、研究に値しないと思われていたのかもしれません」

その理由に、日本の文化があるようだ。

「昔は基本的に日本人だけで暮らしていたから、無理に笑わせる必要がなかった。お互い信用できるし、この人怪しいなと思う必要もない。常識も価値観も一緒の人たちで成り立っている国だから、昔は衝突が少なかったんです。一方、ジョークを飛ばす、陽気で明るいイメージのあるアメリカ、オーストラリアのような国は移民が多く価値観・文化の違いから人が衝突しやすい傾向にあります。ちょっとしたことで人種差別になってしまいます。悪気なく言ったことで人を傷つけてしまうことを避けるために、たくさんジョークを言うんです」

日本には長年ユーモアの需要がなかった。でも最近は日本社会にも「グローバル化」「ダイバーシティ」「多様性」といった考え方がたくさん入ってきている。個性が増えることで衝突の可能性が増えている今、笑いが必要になってきていると大島先生は語る。
英語落語や海外ジョークを題材にした大島先生の著書



「私は、日本人に海外のユーモアを伝えようと思って研究しています。日本には笑いが必要なんです、と言われるようになったのはこの10年くらい。実際、ユーモアをテーマに講演の依頼や企業の研修をする機会がすごく増えています。「社員にユーモアが無い」「職場が暗いのでなんとかしてほしい」という依頼ですね。外資系のグローバル企業でスタッフの衝突をユーモアでケアするというコンサルティングも行っています。日本でも間違いなくユーモアの需要は増えています。異文化同士のコミュニケーションにユーモアは必要不可欠なのです」

世界で披露する落語が理論の裏付けになっている

大島先生は、英語落語家でもある。世界の笑いを日本人に紹介する一方で、日本の伝統的な笑いを世界に発信している。その様子は、中学校の英語の教科書に10年近く掲載されている。インタビュー記事や、落語のジェスチャー、小噺の英訳など、大島先生自体が題材になっている。
「落語をやっているから、ユーモア学の学者として理論の裏付けに役立っています。人は笑うことによって敵対心をなくして友好的な関係を作れるんだと、理屈のうえでは分かりますよね。でも実感するかといえば、分からない。その理論が外国人や異文化の人にも通用するものなのか?」
「学者は“実践”する人はほとんどいないんです。文学を研究している人が文学を書かない。逆に、作家は文学を研究して物語を書いているわけでもないですよね。分析する能力がある人と、クリエイティブな仕事をするのは別物。学者の立場でありながら、研究が本当かどうなのか、私は落語を通じて両方に触れられるんです」
海外での英語落語の寄席の様子

海外での英語落語の寄席の様子

「日本の落語を日本人がいろいろな国でやることによって、お客さんは日本人に対して好意的な印象をもってくれる。「いや、日本人って面白いんですね。日本人ってこんなにいい人だと思わなかった。今度機会があったら、日本に行ってみよう」って。毎年、海外で英語落語をやっているけれど、毎年そういう時に、ユーモア学の理論を実証できたなって、つくづく思います。だから自信をもって“ユーモアはこういう理論で、こんな機能がある”と言えているんです」

ユーモアは”能力”ではなく「技術」

まず、大前提として、ワハハという身体的な笑いと、ユーモアは別のものだという。大島先生は、「ユーモア」を専門にしている。

「実は日本語にはユーモアに値する言葉がないのです。文化というものは、こだわりがあるものは単語をたくさん用意するものです。海外ではComedy、laughter、humourなどお笑いを表す言葉がたくさんあります。日本語ではすべて「お笑い」。現象の「笑う」に「お」を付けただけです。わははという“身体的な笑い”も、“ユーモア”も「笑い」という一単語で網羅しようとしている。関心がないことの裏付けですね。
逆の例を出すと、サバ、アジ、サンマはほとんどの国では「サーディン」でひとくくりにされています。日本人にとって大切な青魚の種類は海外では、大事なことだと思われていないんです(笑)」

「現象としての“笑い”と“ユーモア”は別物です。人は、ユーモアの結果として笑います。アハハって笑わないユーモアもあるんです。心がくすぐられるものがユーモア。職場で使えるユーモアはそっちいでいいのです。職場でがははと笑うわけにはいかないですからね。くふふって心が笑うのがユーモアです。

「人を笑わせるのはコメディアンしかできないけれど、ユーモアを使うのは誰でもできる」と、アメリカでは言われています。心を笑わせることは技術や考え方でできるんです。ユーモアは“先天的な能力”ではなくて、“技術”。日本では面白い人のことを「一部の特殊な才能を持って生まれた人」と思っている人が多いのですが、それは間違いで、実はコミュニケーションの技術なんです。アメリカ人が全員面白いわけではなく、技術として身に着けている人が多いのです。ユーモアは学べば身に着けることができるものなんですね。

ユーモアの定義は「常識からの逸脱」

「がはは」ではなく、心を動かすのがユーモアだという。そう言われてもいまいちピンとこない人のために、初歩的で一番すぐにできる比喩表現を使ったユーモアの例を出してもらった。例えたものと話がうまくかみ合っていれば面白くなる。ビジネスマンでもよく使う技術だという。
営業力のある人が自分のことを寿司に例えました。


「僕は寿司でいうとガリなんです」
(高級ネタではなく、下のほうのものに例えるのも上手ですね)

「僕はガリですが、最高級のトロ(商品)を売っています。でも、トロばかり食べているとそのありがたみが分からなくなります」(脂っぽくて食べ飽きてしまうかもしれません)

「トロの良さをよく理解するために、間にガリを食べないといけません。ぼくがガリとして説明を加えることによって商品の本当の価値が出る。だから僕からトロ(商品)を買うといいですよ」。



「大笑いどころか、クスッともしないですが…これもユーモアです。この人うまいこと言うな、頭いいな、分かりやすいな、と思いますよね? 「美味いこと」言うもんだなと思います(笑)。それが、心が動いた証です。

国際ユーモア学会でも認められているユーモアの定義があります。それを一言で言うと「常識からの逸脱」です。笑いを極めた人は「普通からのズレ」とか同じようなことを言いますね。普通じゃないことがユーモア。普通に考えたり、普通だとユーモラスになれない。普通じゃない別の切り口で見ることがユーモアとして大切なんです」

ユーモアとは 深刻な空気を和ませるもの

「深刻な話ほどユーモアを交えたほうがいい。究極の例ですと、人が死ぬときは本当は笑いたい。世界では死に関係するジョークがものすごくたくさんあるんです。なぜなら死は嫌なこと、悲しくて避けたいものだから、笑い飛ばしたいんです。死までいかずとも、空気が気まずいと思ったら、ユーモラスな一言がアイスブレイクになります」
<アイスブレイクのユーモア実例>

「今年、私の父が亡くなりました。大往生で、理想的な亡くなり方だったので、私としては吹っ切れていました。でも、そんな事情は周りの人は全く知らないわけです。当然大学でもお休みをいただきましたし、復帰後はみんな「この度はご愁傷様です…」と腫物に触るような感じになってしまって。大学の会議でも神妙な空気になって、なんとかその緊張感を壊してあげたいなと思いました。

お香典返しを配ると、すごい暗い雰囲気になると思ったので、海苔やお茶漬けといった定番品じゃなくて、おいしいパティスリーの焼き菓子を選んだんです。「つまらないものですけれど…と言いがちなところですが、これは本当においしいんですよ(笑)。ぜひ食べてくださいね」と伝えたら、少し明るい雰囲気になり、会議の場でクッキーを食べて和みました。そういうようなアイスブレイクでもいいと思います」


(このエピソードのユーモア=「日常からの逸脱」したポイント)
・意外性のある香典返し
・お決まりの挨拶文句を利用したプチユーモア
・クッキーを食べながら会議
気まずいから、空気が悪いからこそユーモアが生きる。がははと笑わせることではなく、笑わなくても心がほっとすればいい。心が動くのがユーモアなのだ。「その緊張感を壊してあげたい」という言い回しが印象的だ。突っ込んで聞いてみたら、実はココも大事なポイントだった。

「ユーモアは思いやりです。例えばスピーチや人前で話す時には多少ジョークを入れないと、いい話だったとしても退屈じゃないですか。退屈な時間を強制するのは申し訳ないと思う。ユーモアを使わないのはある意味、意地悪なことかもしれません。やらなくたっていいことですけれど、ところどころ笑えるほうが「親切」です。みんな大爆笑をしたいワケじゃない。リラックスしたり、安心できたり、心が緩んだり…それが今必要だと思います」
「逸脱することがコミュニケーション上でも大事だし、それがないと話を聞いてくれません。大学の授業は90分で長いですから、身をもって体験しています。私の授業で寝る生徒はいませんよ(笑)」
(Lesson1のまとめ)
・ユーモアは学問として存在する
・笑うことはさまざまなメリットがある
・日本人は海外では笑わない人と思われている
・日本社会にも多様性が進み、ユーモアが求められている
・ユーモアは固有の能力ではなく、身に着けられる技術である
・ユーモアとは「常識からの逸脱」である
・大笑いさせなくてもいい。少し心が動くだけでいい
・ユーモアは衝突を避け、心を和ませるための「思いやり」
Lesson2ではユーモアを身に着けるための具体的なトレーニングやテクニック、海外のユーモア事例などを紹介する

Lesson2 ユーモア力が付くトレーニング
・比喩トレーニング
・テクニック ミラーリング
・テクニック 道具を使う
・テクニック 真面目に答えない
・活用法 問題解決をユーモア的に考える
・男女の性質の差を知る


(取材・文 / 加藤由盛)
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事