OLIVER

菅野美穂 「大変な時こそ笑顔でいたい」

CULTURE
女優・菅野美穂。出産を経て女優復帰第1弾の映画『恋妻家宮本(こいさいかみやもと)』が2017年1月28日に公開される。熟年夫婦がとあるきっかけで、お互いを思う気持ちに気づき笑顔になっていく話だ。本作に、菅野は女性側の意見を象徴する役柄として登場する。OLIVER読者と同世代の菅野美穂はいかに“笑顔で暮らしている”のか話を聞いた。

世の“夫”を代表した公開ラブレターみたいな作品

『恋妻家宮本』は、『家政婦のミタ』等の話題作を手掛けてきた脚本家・遊川和彦氏の初監督作品。子どもが自立して、27年ぶりに二人きりになる宮本夫婦(阿部寛と天海祐希)。阿部寛演じる宮本陽平は、妻・美代子の捺印済の離婚届を偶然見つけてしまう。それから苦悩の日々が始まるも、妻への想いに気づいていく。優柔不断でどこか頼りないが温和で実直な夫・陽平目線で物語が描かれていく。
この作品の感想を、菅野はユニークに表現する。

「脚本家としての遊川さんとは過去に仕事していて、こうしたい!ということがはっきりしている、“熱血スパルタ”みたいな方なんですね。映画初監督作品ということで、熱くしごかれる現場を想像していたんですが、すごく穏やかな現場でした。仕上がりも本当にストレートで思いが伝わるような…。完成作を見てみて、『これは遊川さんが奥さんに宛てた公開ラブレター』だなって思いました。妻への想い、夫への想いがまっすぐ現れていて、ほのぼのした気持ちになれました」

「優しいことは正しいのか」「妻のために我慢することが良いことなのか」といったシーンや、仕事としては一歩踏み出せるのに妻へはなかなか踏み出せない “夫あるある”など、男性がはっと気づかされる場面ががちりばめられている。
一方、女優陣は「男には分からない女性側の意見」を象徴する役割だ。陽平が趣味で通う料理教室の仲間として、菅野美穂演じる五十嵐真珠が登場する。容姿端麗、クールで毒舌、夫に対する辛辣な愚痴を陽平に明かす。離婚届けの理由を陽平から相談され“不倫しかない”と断定したり、ある意味男性側(夫側)の不安を増幅させるキーマンとして登場する。でも、演じる菅野自身は夫の悪口は愛情の裏返しでもあるという。
「キャラクターとして普段は本音を言わずクールであまり感情を表に出さない。旦那の辛辣な悪口は外でも言いますが、旦那本人にも本音でぶつかる。そういう女性でした。この役に関しては、台本を読んで自分の両親を思い出しましたね。亡くなった父と母はいつもこんな感じで言い合っていて、「またやってるよ」「もっと仲良くしてよ」って(笑)。きっと本人たちは言い合っているだけなんですが、映画の中ではケンカすればするほど仲が良く見えるんですよね。そういうところは自分の両親を思い出していました」

菅野美穂 「大変な時ほど笑っていたい」

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事