OLIVER

倉科カナ「頑張った姿は、きっと誰かが見てくれている」

CULTURE
女優デビューから10年、ドラマや映画、舞台などさまざまなフィールドで活躍してきた倉科カナ。NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』で主演を務めた清楚なイメージがありつつ、昨年は月9ドラマ『カインとアベル』で兄弟の間で揺れる大人の女性を、そして今年は『奪い愛、冬』で元カレと再会したことから恐怖の泥沼に落ちていくヒロインを熱演するなど、今後の活躍がますます期待されている。最新出演作の映画『3月のライオン』では主人公の桐山零にとって癒しの存在とも言える川本三姉妹の長女・あかりを演じている倉科に、今作の撮影秘話から役への想い、そして憧れの女優についても語ってもらった。

デビュー当時、10年前から挑戦したかった役だった

羽海野チカの大ヒットコミック『3月のライオン』を原作に、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督と再びのタッグとなる神木隆之介主演で実写映画化された今作。幼い頃に両親と妹を亡くし、父の友人である棋士の幸田に引き取られた桐山零(神木)。深い孤独を抱えながら中学生でプロ棋士の道を歩みはじめた零は、ふとしたことから和菓子屋を営む川本家の3姉妹と知り合い、彼女達と温かい食卓を囲むうちに自分の居場所を見出していく。3姉妹の長女・あかりは亡き母親の代わりに妹達の面倒を見ながら昼も夜も働いて家族を支えている。強さと優しさの両方を併せ持つあかりというキャラクターを“原作を読んだときから演じてみたいと思っていた”と倉科は語る。
主演の神木隆之介

主演の神木隆之介

「ちょうどデビュー当時に原作のコミックが発売されて、リアルタイムで読んでいたんです。その時に漠然と“あかりさんを演じたい”と思ったのですが、その10年後にあかりさん役をオファーして頂けて本当に嬉しかったです。奇跡のように感じて“必然かな?”なんて思ったりしました(笑)。ただ、好きだからこそ演じるのが怖かったというか、読者の方が持つあかりさんのイメージを壊してもいけないですし、人気のキャラクターだけにプレッシャーを感じました」

どのようなところに魅力を感じて“川本あかり” を演じることを熱望したのだろうか。

「私の母は健在ですが、境遇や家族の関係性などが川本家やあかりさんとどこか似ているような気がしました。性格面においてもあかりさんは穏やかで明るくて温かい面しか周りに見せず、強くあらなきゃと、きっと心の内側ではいろいろなことを抱えていると思うんです。実は私も家族に対して弱さを見せないようにしている部分があるので、あかりさんに自身を重ねて“演じてみたい”と思ったのかもしれません。似ているぶん役作りはしやすかったように思いますが、演じるのは凄く難しかったです。大友監督も“あかりさんを演じるのは難しいよね”とおっしゃっていました」
「あかりというキャラクターは、“男性が思う理想の女性像”のような存在、ある意味ファンタジーだったりメルヘンのような存在だと思うんです。だからこそリアルに演じすぎてしまうと、地に足がついていないフワッとしたキャラクターに見えてしまう。どんなことを日々考えていて、その思いをどのぐらい表に出しているのかなど、悩みながら演じることが多かったように思います。監督は私のことを信じて任せてくださったので、試行錯誤しながら演じていました」

辛い過去により閉ざされた零の心を開く川本3姉妹は、今作にとって非常に重要な役どころである。それだけに大友監督は川本家にピッタリの家をセットではなく実際に人が住んでいる家を探しまわって見つけたという。更に姉妹の関係性を完璧にするべく、クランクイン前には3姉妹を演じたキャストだけの“お泊まり会”が実施されたことも明かしてくれた。
「次女・ひなた役の清原果耶ちゃんと三女・モモ役の新津ちせちゃんと一緒にスーパーに食材を買いに行って、みんなで夜ご飯を作ってお片づけをして、私がちせちゃんをお風呂に入れて果耶ちゃんがちせちゃんのお着替えをさせて…といった感じで寝るときも川の字で寝ました(笑)。本当に3姉妹のように私達だけで過ごす時間を作って頂いたんです。そこでしっかりと関係性を築くことができたからなのか、撮影中は監督からの演出はほとんどなかったように思います。こういう経験は初めてですし、2人とも凄く可愛くて楽しい“お泊まり会”でした」

倉科カナ「頑張った姿は、きっと誰かが見てくれている」

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事