OLIVER

竹原ピストル「寸分たがわず、何が何でもこの感動を伝えたい」

CULTURE
松本人志や玉置浩二らが絶賛する“魂の歌うたい”であるミュージシャン・竹原ピストル。俳優としても評価され、映画『永い言い訳』では第40回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞も受賞した。音楽、俳優業両方で頭角を現す竹原ピストルはいかにして人の心を動かしているのか。映画出演の話を中心に、“歌うたい”の魂の奥底にある思いに迫った。
profile
竹原ピストル

大学時代の1995年、ボクシング部主将を務め全日本選手権に2度出場。1999年、野狐禅(ヤコゼン)を結成し音楽活動を本格化。際立った音楽性が高く評価され、2003年にメジャーデビュー。その後、6枚のシングルと4枚のアルバムを発表。2009年に野狐禅を解散し、ソロ活動を開始。シングル1枚、ミニアルバム1枚、アルバム4枚の作品を発表する傍ら、年間約250本のペースでライブも並行するなど精力的に活動を行う。2014年、デビュー時のマネージメントオフィスであるオフィスオーガスタに再び所属し、ビクター・スピードスターレコーズよりアルバム『BEST BOUT』を発表。2度目のメジャーデビューを果たす。2017年4月5日にニューアルバム『PEACE OUT』をリリース予定。力強い歌声、独特の世界観、メッセージ性の強い楽曲で音楽好きの大人の共感を呼んでいる。

映画出演作品
『青春☆金属バット』(2006年)、『フリージア』(2007年)、『海炭市叙景』(2010年)、『さや侍』(2011年)、『私の男』(2014年)、『永い言い訳』(2016年)


2016年1月に114本に及ぶ全国弾き語りツアー"youth"supported by住友生命「1UP」が開催され、10月にはツアーの模様や日常を追いかけたドキュメンタリー番組、NHKBSプレミアム「ネクストブレーカー」がオンエアされた。亀田興毅出演の江崎グリコ株式会社「GABA」のWEB ムービー「FIGHT×STRESS」篇に「それじゃただの大人だろ」の起用、同楽曲が収録された配信限定「よー、そこの若いのep」のリリースなど大きな反響となっている。

竹原ピストル /よー、そこの若いの (Short Ver.)

本木雅弘「竹原さんは、魂そのもののような存在」

映画『永い言い訳』は本木雅弘が演じる人気作家の津村啓こと衣笠幸夫が主人公。幸夫は、妻・夏子が旅先で不慮の事故に遭い、親友と共に亡くなったと知らせを受ける。妻・夏子と一緒に亡くなった友人ゆきの夫、大宮陽一を竹原ピストルが演じる。陽一と出会った幸夫は、中学受験を控えた陽一の息子・真平と、幼稚園児の娘・灯の世話を買って出ることに。幸夫は誰かのために生きる幸せを知り、毎日が輝き出す。
幸夫と同じく妻を亡くした大宮陽一は、人前でも感情のまま涙を流し、事故を起こしたバス会社に怒号をぶつけ、同じ境遇の幸夫には人懐こく心を打ち明け、子どもには不器用ながらも優しさと厳しさをもって接する。そんな、竹を割ったようなまっすぐな心で生きている陽一を演じる竹原ピストルのことを、西川美和監督も主演の本木雅弘も口をそろえて「魂そのもののような存在」と語っている。
「ある意味水を差すようで恐縮ですが、僕は陽一のような人間だと思われるんですよね。『世間の人が僕に対して抱くイメージはああなんだろうな』って思います。でも実際の僕は…真逆とまではいかないですが、あそこまでストレートじゃないし、悪気なく感情のまま動ける人間じゃないんです。理詰めなところもありますし、ウジウジしたところもあります。僕にとって大宮陽一は『こういう男っていいな』と憧れるような人物像だったんですね。そういう意味で、演じやすくはありました」
「演じて印象的なシーンは息子を怒るシーンですね。あのシーンは演技とはいえ…本当にしんどかった。息子役の健心君ともずいぶん打ち解けて、「かなり歳は離れているけれど、大事な友達の一人だ」くらいに思っていたんです。その健心に芝居とはいえ、あんな目で見られることが辛くて、もうやめてほしいって。「お父さんみたいになりたくない」って台詞も心に刺さったし、我が役ながら、なんでこんな息子を殴るの!? こんなことしたくないな…って思いながら演じていました。

自分の親からもあまり殴られなかったし、自分自身も5歳のボウズがいますから。ひょっとしたら、芝居にギュッと入り込んでいる魂の込め方じゃなかったかもしれませんが、いろいろな感情が混ざったシーンで印象に残っています。怒る方がパワーを使うという話がよくわかりました」
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事