OLIVER

難波章浩「アイデアの卵を温め続ける」

CULTURE
国内における90年代メロディック・パンク、いわゆる“メロコア”ブームの火付け役として日本中の若者とストリートシーンを熱狂の渦に巻き込んだ『Hi-STANDARD』のフロントマン、難波章浩。現在のロックシーンはハイスタが礎を築いたといっても過言ではないくらい、音楽業界に数々の新しい価値を生み出してきた。それらの「偉業」をいかに生み出してきたのか。難波章浩という男の矜持と生き様に迫った。

『Hi-STANDARD』は、難波(Vo.Ba)、横山健(Gt)、恒岡章(Dr)で1991年に結成された3ピースバンド。今や定着したカルチャーである「野外音楽フェス」をいち早く自らが主催となり開催した『AIR JAM』、英語歌詞による楽曲、海外のビッグアーティストとの交流、海外でのライブ、アーティスト自らが経営する音楽レーベルの立ち上げ、そしてそのインディーズレーベルからパンクロックジャンルで異例のミリオンヒット…。音楽業界の常識を打ち破るさまざまな試みで多くの“伝説”を作ったバンドだ。2000年に活動を“休止”したが、2011年、東日本大震災で傷ついた日本を元気づけるため、『AIR JAM』の開催と共に『Hi-STANDARD』は活動を復活する。
  • Hi-STANDARDの3人

    Hi-STANDARDの3人

  • ミリオンヒットアルバム『MAKING THE ROAD』(C)PIZZA OF DEATH RECORDS

    ミリオンヒットアルバム『MAKING THE ROAD』(C)PIZZA OF DEATH RECORDS

これら数々のアイデアがいかにして生まれ、難波はいかに実行してきたー「始めて」いったのか。難波章浩のこれまでの歩みと、今の活動について改めて聞いてみた。

「2000年の活動休止まで、ずっと“挫折”が無かった人生だったんだよね。高校までサッカーではトレセン(強化選手)だった。でも、当時はプロなんてなくて、サッカーでは飯食えないなって思ってた。男として、生きていくにはどうしたらいいか。これで飯食っていきたい、って思えるのがバンドだった。それからはライブハウスに出入りしてノウハウ覚えたよ。実は高校までは新潟の明訓高校っていう進学校に通っていてね。バンドやりに東京行くって言ったら母親に泣いて反対されたんで、大学に行くことにしたんだ。大学では全然勉強しなかったけれど、経営学と心理学だけは真面目に学んだよ。自営業の父の稼業を継がないといけない可能性があったし、バンドがうまくいなかったら戻らないといけないかもしれないから。でも、ラッキーなことにハイスタで飯を食えるようになっていった」

「今は『NAMBA69』というバンドでもメッセージを発信してる。あとは、あまり聞かれたことないから言わなかったけれど、実は会社を経営してる。ハイスタのマネジメントをする『HS』と僕個人やNAMBA69のマネジメントをする『ULTRA BRAIN』。その代表をしているよ」。

現在は地元の新潟に住み、全国・世界を相手に音楽を発信している。地元新潟ではFM局でラジオパーソナリティーとしても活動し、テレビに出演する機会もあったという。さまざまなチャンネルで活躍する難波。そのエネルギーの源は何だろうか。
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest