OLIVER

スタイリストおすすめ 夏の新定番“オープンカラーシャツ“コーデ【メンズファッション】

FASHION
半袖のシャツ=子供っぽい、そんな風に思っている人も多いはず。昨年の夏から流行り、今年も各ショップがプッシュするオープンカラーシャツはそんなイメージを払拭するアイテムだ。無地〜柄物と多くのバリエーションがあり、合わせ方次第で様々なスタイルにマッチする万能シャツ。夏のコーディネートに欠かせないキーアイテムだから、ぜひ押さえておこう。

ここでは、メンズファッション誌で活躍するスタイリスト・井上裕介が、オープンカラーシャツの着こなし方とおすすめアイテムを紹介。
profile
井上 裕介(いのうえ ゆうすけ)

文化服装学院卒業後、スタイリストアシスタント3年を経て独立。現在は、人気メンズファッション誌を中心にブランドカタログ・広告などで活動中。スーツからカジュアルまで幅広く手掛ける。
01 これぞオープンカラーの鉄板スタイル
オープンカラーシャツの着こなしとして、お手本のようなスタイリング。柄物を使わずシンプルにまとめたスタイルが品を感じさせる。ミリタリーパンツや小物をすべて黒で統一する事で、男らしさをプラスした合わせもスタイルのポイント。
02 トレンド感あふれる大人ストリートスタイル
トレンドアイテム×トレンドカラーを1つのアイテムで取り入れたスタイリングがこちら。相性のよいグレー、ネイビーで合わせをまとめ、より一層グリーンを引き立たせた。ロンTのレイヤード、キャップ、ソックス×サンダルといった今風のストリート要素も上手く取り入れており、大人も参考にしたいスタイルだ。
03 大柄アロハがキャッチーなサマースタイル
柄物のアロハシャツもシックな色合いのタイプを選べば取り入れやすいだろう。大ぶりの柄がコーディネートのいいアクセントに。白×紺で上下をまとめて爽やかさも抜群だ。レザースリッポンで大人っぽさをプラスした足元もポイント。カジュアル過ぎずいいバランス感のスタイリングになる。


04 刺繍が他と違う洒落感を与えるキューバシャツ
キューバシャツも今季は注目のアイテム。こちらは、同系色の刺繍がさりげなくアクセントになり、大人な雰囲気を醸し出せる。フロントを開け、軽く袖捲りしたラフな着こなしはリラックス感があり、こなれ感もプラス。

05 ポップなカラーリングで夏を楽しむ
夏らしいカラーリングが目を引くスタイル。こういったカラーリング使いを楽しむのも今シーズンらしい着こなし。ナローシルエットのデニムがシャツのビッグシルエットを際立たせる小物を黒でまとめ、コーディネートを引き締めるのもいいアクセントになる。
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事