OLIVER

西川貴教 「プレッシャーは新しい自分を見出すチャンス」

CULTURE
T.M.Revolutionとしてデビューして20年。ミュージシャンとしてはもちろん、自身が所属する芸能事務所『ディーゼルコーポレーション』では代表取締役も務め、プロデューサー・実業家としてもマルチな才能を発揮し続ける西川貴教。前向きで明るく社交的という世間のイメージとは違い、元々はネガティブで人見知りな部分もあったが、心身共に鍛錬を積み重ねた結果として今があるという。そんな彼の心の鍛え方を綴った著書『おしゃべりな筋肉―心のワークアウト7メソッド―』(新潮社)をもとに、彼の仕事観や人生の楽しみ方について語ってもらった。

「啓発本にはしたくなかった」ちょっと分厚いプロフィール本『おしゃべりな筋肉―心のワークアウト7メソッド―』

「元々、新潮社の『ROLA』という女性誌で連載をしていたのですが、その連載を加筆しまとめたものが、この『おしゃべりな筋肉―心のワークアウト7メソッド―』です。女性誌での連載ではあったのですが、メンタルトレーニング本に近い内容なので、男性、特に僕と同世代から上の方にも是非読んで頂きたいと思っています。飛び抜けた才能やコネクションがあるわけでもなく、前向きで明るく社交的……とは言い難い性分で、相当な数の失敗をしてきた僕でも来ることができたこの地点までなら、誰だって来られるはず。その為の、考え方のヒントにして頂けたら嬉しいです。

でも、長年僕を知ってくれている方には、もしかしたら今更?と思われる部分も多くあるかもしれません。上から目線の自己啓発本にはしたくなかった。僕の人生や頭の中、生き方を綴った、ちょっと分厚いプロフィール本という思いで仕上がっています」

西川流メンタルトレーニング7つのポイント

これまで20年の歩みの中で身をもって体験したことを織り交ぜながら、7つの「力」に分けて独自の心の鍛え方を綴っている。その一部を見てみよう。





『おしゃべりな筋肉―心のワークアウト7メソッド―』より抜粋
1「甘える力」 
「人見知りであるほど、会話の主導権は自分が握るように心がけよう」
「必ずしも全方位外交をしなくても大丈夫 八方美人である必要はない」

2「バランス力」
「他人からどう見えても、自分のバランスを貫こう」
「振り切ることを恐れない、アンバランスも立派な魅力」

3「実現力」 
「いつでも準備OKであるために、日々のワークアウトを欠かさない」

4「女子力」
「品の良い気遣いのためにおばちゃん力=観察力 向上を目指す」

5「ネガティブ力」
「ネガティブ=悪いという思い込みを捨てて、「今日だけ」「今だけ」がんばってみる」

6「突き詰める力」
「不安や自己否定こそ壁を破るカギになる」

7「任せる力」 
「同じ思いを共有して、どんどん任せてみよう」

西川貴教 「プレッシャーは新しい自分を見出すチャンス」

<インタビュー動画>『20年後、天下を取りたい』 仕事観・人生観を西川貴教が語る
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事