OLIVER

男臭さが漂ってくる 無骨なアメカジテイストの【男の部屋】

LIFE
毎日を過ごす部屋は、好きなテイストに包まれた心地いい空間にしたい。ここでは、そんな願いを叶えた、ちょっと羨ましくなるような部屋を紹介―。
男臭さが漂ってくる
無骨なアメカジテイストの部屋
―岡部 徹郎(おかべ・てつろう)さん
もともと、アメリカンダイナーのような派手でロックな雰囲気が好きだったと言う岡部さん。子どもが生まれたのをきっかけに、落ち着いた色使いながら男臭さを感じさせる、アメカジテイストにしたという。「理想の部屋が出来上がると、いるだけで楽しくなります。家にいながらもお店にいるような気分になれるのも醍醐味。友人を招いてお酒を飲む時間が最高に楽しいです」。そんな岡部さんの、部屋作りのこだわりとは―。
“無骨さ”と“温かみ”のバランス
無骨さを出そうとすると、どうしても金属的なものや無機質なものが多くなりがち。「冷たいトーンにならないように、木目を活かした素材やグリーンをバランスよく取り入れて、温かみがでるようにしています」。これが一番のこだわりだ。

ギターやビール、サビ加工を施した空き缶など、どこかジャンクで遊び心が詰まった、いい意味で男臭い岡部さんの部屋。この空間を作り上げる法則がこちら。

Rule ー部屋作りの法則ー

Color〔色使い〕
01 色使いはブラック、ブラウン、シルバーの3色
それ以外の色は極力使わないことで、統一感を出している。そこにグリーンを差し色に使って、無機質になり過ぎないようにバランスをとっている。

02 全面に壁紙貼って完璧な世界観を作る
元々の白い壁の部分が完全になくなるように、数種類の壁紙を使って全面を張り替えている。レンガなどのインパクトの強い壁紙は、目線より下にくるようにして、圧迫感を減らすのがコツ。

Interior 〔インテリア選び〕
03 汚れとサビ加工が決め手
雑貨などインテリアは、レトロでジャンクな雰囲気のもので統一。既製のアイテムはそのままディスプレイせず、汚しやサビ塗装などでアンティーク感を出す。

04 ポスターやパネルはモノクロで統一
存在感のある大小さまざまなポスターやパネルは、部屋の中で浮かないよう、色味のないモノクロで統一。

05 ぼんやり照明で温かみを出す
間接照明は、あえてぼんやりと照らす。そうすることで、金属的な小物や無骨な家具に温かみを加えている。

Favorite ーこだわりと愛着ー

Favorite Spot〔お気に入りの場所〕
好きなものだらけのこの空間で、一番のお気に入りは壁紙。「コンクリート調、木目調、レンガ調の壁紙を使い分けていますが、張り替えるだけで部屋の雰囲気がガラリと変わります。まるでショップやバーに居るかのような気分になれるのが嬉しい」。壁紙はすべて自分の手で張り替えている。(その方法は、こちら(外部サイト)
Favorite DIY Item〔お気に入りのDIYアイテム〕
世界観を作るアイテムとして存在感を放っているのが、壁に飾られたインダストリアルな配管ディスプレイ。塩化ビニールパイプを使い、サビ風塗装によってかなりリアルな雰囲気を醸し出している。
岡部 徹郎(おかべ・てつろう)さん
インテリア写真の投稿・閲覧サイト『RoomClip(ルームクリップ)』ユーザー
ユーザー名:route217
Room NO. 589877
URL:roomclip.jp/myroom/589877(外部サイト)
取材協力
RoomClip(ルームクリップ)

月間250万人以上が利用する家具や雑貨などインテリアの写真を投稿、閲覧できる日本最大級の住まい&インテリアの写真投稿サービス。スマートフォンやウェブサイトから利用でき、アプリのダウンロード数は150万を突破、200万枚以上のインテリアの実例写真を見ることができる。

公式URL:roomclip.jp(外部サイト)
(取材・文/駒場 彩佳)
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事