OLIVER

シンプルながら重厚感のある インダストリアルテイストの【男の部屋】

LIFE
毎日を過ごす部屋は、好きなテイストに包まれた心地いい空間にしたい。ここでは、そんな願いを叶えた、ちょっと羨ましくなるような部屋を紹介―。
シンプルながら重厚感のある
インダストリアルテイストの部屋
―柏原 拓弥(かしわら・たくや)さん
元々アメリカやヨーロッパの時代を感じるものが好きだったという柏原さん。「好きなものに囲まれて暮らしたい。それだけです。好きなものを置いていたら、何となく今のトーンになりました」という。その“好きなモノ”の基準とは―

Rule ー部屋作りの法則ー

01重厚のある素材を選ぶ
テーブルの足や本棚、テレビボードなど、家具の多くが重厚感のある鉄製のもの。見たときにインパクトや存在感があるものを選んでいる。

02壁はあえて白をメインに
小物や家具には黒や鉄製のものが多い。ダークな印象の中で、壁はあえて白をメインに。モノクロのトーンがシンプルで落ち着いた雰囲気を作る。

03 インパクトがある分、色は抑える
大きな家具やアイテムは、存在感が出てしまう分、主張しすぎない色に統一。黒や茶色、白をベースにしている。一方、「小物は自由に」が法則。

Favorite ーこだわりと愛着ー

Favorite Spot 〔お気に入りの場所〕
この部屋の中で一番気に入っている場所は、本棚が並ぶ一角。「昔から本が大好きで、自分の好きな本だけを集めた理想の本棚を完成させるのが夢」と話す柏原さん。家具屋でこのメッシュロッカーをひと目見た瞬間に、好きな本やおもちゃが並んでいる画が目に浮かび、ビビッときたそう。インダストリアルな印象のメタリックな本棚は、ダークトーンながら強い存在感を放っている。
Favorite Item〔お気に入りアイテム〕
絵が得意だという柏原さん。自分の手で描いたものの中で一番のお気に入りは、インテリアブランド『ジャーナルスタンダード ファニチャー』の「couch potato」の絵を模写した作品と、ロゴを描いてカーテン代わりに使っているテントマット。「自分で作ると、とても愛着が沸く」。
Favorite DIY〔お気に入りのDIY〕
簡単でおすすめのDIYは、テーブルの天板作成。天板にアンティークの押しピンを打ち込むだけで、雰囲気が出せるのがいい。
柏原 拓弥(かしわら・たくや)さん
インテリア写真の投稿・閲覧サイト『RoomClip(ルームクリップ)』ユーザー
ユーザー名:Kashiwara
Room NO. 314415
URL:roomclip.jp/myroom/314415(外部サイト)
取材協力
RoomClip(ルームクリップ)

月間250万人以上が利用する家具や雑貨などインテリアの写真を投稿、閲覧できる日本最大級の住まい&インテリアの写真投稿サービス。スマートフォンやウェブサイトから利用でき、アプリのダウンロード数は150万を突破、200万枚以上のインテリアの実例写真を見ることができる。

公式URL:roomclip.jp(外部サイト)
(取材・文/駒場 彩佳)
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事