OLIVER

窪塚洋介「明るい未来、希望の光を馬鹿正直に訴え続ける」

CULTURE
映画『GO』『ピンポン』やドラマ『池袋ウエストゲートパーク』など数々のヒット作に出演し、独特な個性を保ち持ち続けながらキャリアを築いてきた窪塚洋介。2006年からはレゲエDeejay“卍LINE”として音楽活動を続け、更に今年は巨匠マーティン・スコセッシが監督を務めた『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを果たした。そんな彼に7月15日公開の最新出演作『アリーキャット』で共演したDragon Ashの降谷建志との撮影エピソードや、生きるうえで大切にしていることなどを聞いた。

降谷建志(Kj)との運命的な出会い

窪塚が今作で演じたのは警備員のバイトで食い扶持を繋いでいる元ボクサーの朝秀晃・通称マル。東洋太平洋チャンピオンまで上り詰めるが、脳に後遺症を負い引退。バイトとしてうだつの上がらない日々を送っていた。ある日、マルが飼っていた猫が行方不明になり探している最中に、保健所でその猫を譲り受けたばかりの梅津郁巳・通称リリィ(降谷建志)と出会う。マルは土屋冴子(市川由衣)のボディーガードの仕事現場に偶然居合わせたリリィとストーカーを撃退する。2人は何故か意気投合し、土屋冴子を中心にした事件に巻き込まれていく。

どこかカッコ悪くて、でも憎めないマルとリリィを、窪塚と降谷がベストコンビネーションで見事に作り上げている。同世代である降谷とは、今作のオファーが来る少し前に運命的とも言える出会いのエピソードがあったと言う。

「実は建志くんとは出演オファーが来る直前に、知り合いの結婚式で偶然出会ったんです。それで、その2週間後に今作のお話を頂いたので“神がかったタイミングで来たな”と(笑)。特別な縁も感じたので前のめりでお受けました。彼はお父さんや奥さんも役者をされているので芝居が身近だし、舞台を観に行ったり、役者仲間も俺より多くてバーでよく役者達と飲んだりもしているみたい。役者が持ってる独特な匂いみたいなものも知ってるんですよね。更に建志くんが本来持ってる野生の勘と天性の才能が合わさった芝居をしてたので、共演してみて素晴らしい役者さんだなと感じました。現場にいる全員が彼の心意気や才能、今作にかける思いを受け止めて、気持ちまで浄化されて、純度と温度の高い作品を作ることができたんじゃないかなと思います」
「彼はアーティストとしては長いキャリアを持っているけど…今回の現場では“君はロックスターだけど役者としては新人だぞ!”なんて半分冗談、半分本気で監督から言われてるところも目撃しました。それでも全身全霊でぶつかってきてくれたのが凄く嬉しかった。たった2週間の撮影だったけど、建志くん曰く“あと1週間続いていたら死んでたかも”と思えるぐらいに俺らは燃え尽きました(笑)」

リアルでも窪塚洋介×降谷建志、共に過ごした濃い2週間

窪塚は20年以上役者としてのキャリアを持ち、降谷はDragon Ashとしてメジャーデビューしてから今年で20年周年を迎えた。窪塚曰く、2人は「共に浮き沈みの激しい世界を長年に渡りサヴァイヴしてきた同士」でもある。

「撮影現場からちょっと移動したい時に建志くんの運転する車の助手席に乗せてもらうことがよくあったんですけど、2人とも衣装のままだったから乗ってる車が違うだけでシチュエーションは映画と全く同じっていう状態(笑)。車に乗ってる間も車内2人きりでリハーサルをやったりしたから現実と虚構がごちゃまぜになっちゃう感じでもありました。それに撮影中の立ち位置なんかも“俺が左”“じゃあ俺は右で”なんて二人で決めたり、他にも普段湧かないようなアイデアがいろいろと湧いてきて、台本に書かれていないことを互いに埋めていくことができたのも良かったです。俺らは自然体だから無理せずそういうことができたんじゃないかなと。

俺は撮影中ずっと彼を“リリィ”って呼んでいて、でも撮影が終わってからは“建志くん”に呼び方は戻ったんです。ところが、彼はいまだに俺のことを“マル”と呼ぶんですよ(笑)。きっと役と混ざり合った結果リリィが抜けなくなったんでしょうね。そういったことを背負い込んで、これからもKjとして生きていく道を選んだんだなとハッとさせられました」

窪塚洋介「明るい未来、希望の光を馬鹿正直に訴え続ける」

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事