OLIVER

人生を楽しむためのヒント 俳優・鈴木亮平

CULTURE
さまざまな分野で活躍する大人の「こだわり」に迫る連載企画。体重のコントロールなど真摯な役づくりが話題となり「ストイック」とも評される若手実力派俳優・鈴木亮平。世界遺産好きとしても知られる彼に、仕事とプライベートの熱い想いを聞いた。鈴木亮平の「人生を楽しむためのこだわり」とは。

穏やかに自分をふるい立たせてくれるのが歴史 過去から学び、想像する。それが面白い。

「一生続けたい、大事な趣味といえば――歴史。つまり世界史と日本史です。好奇心をかきたてられるところが好きですね。昔のことを知ることで、自分に生かせる気がします。昔の人の過ちや偉業から学ぶこともある。世界遺産を見ることで、昔の人の打ち建てたものを見て、ライバル心というか…負けてられないなって思うこともあります。自分たちの世代でこういうものを残していくためにはどうすればいいんだろうって」

世界史への興味は、日本史への興味にかわり、さらに日本人としての自分を強く意識するようになったと続ける。

「日本人として生まれたからには、日本人としてのアイデンティティーを持っておきたい。日本の歴史について、この武将はどんな人かと外国の方に説明できなければ、この人は何を勉強してきたんだって思われますし、大事なことですね。どの国の人たちと仕事するにも、自分がどれだけ日本のことを知ってて、日本人としてアイデンティティーを持って世界と戦えるかということが勝負だと思います。

実は、自国のことを知るほうが、海外のことを知るよりも大切だと思っているんですよ。最近は日本の神話にすごい興味があります。この国ができていった神話の時代に、日本の古代史が隠されているんです。庶民にも分かりやすいように、歴史を神話として、誰がどこの部族を征服といっても分からないところを、神様がどこに住んでいた何の怪獣を倒したっていう話になっているわけですよ。そこを想像するのがおもしろいですね。古代史を題材にした史劇もやってみたいですね」

歴史は学ぶものとしてではなく、趣味と言い切る。歴史はロマン。壮大なテーマについて、想像の翼を広げることが何より楽しい。そして、歴史を自分なりの考えで自分の血肉にしていくという。では、鈴木亮平にとって純粋な“遊び”とは何だろうと質問したところ、少し困ったような表情に変わった。
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest