OLIVER

長渕剛5年3カ月ぶりのアルバム「BLACK TRAIN」から見る“熱さ”の源とは

CULTURE

自分のために生きることが、誰かのためになっていく

M8 「自分のために」
タイトル通りのストレートなメッセージを歌い上げた、東日本大震災後に日本中が共有した“絆”を発端に生まれたロックナンバー。

――「自分のために」っていう曲も男が勇気づけられる曲と思います。長渕さんは本当にストレートに「自分のために生きていれば何にでもなれる」と、さらに探し物が見つかると人間は生きていけるとおっしゃっています。実際、世の働き盛りの男たちは家族のため、会社のため、自分を犠牲にして誰かのために生きている人は多いと思います。長渕さんから見ると“自分のために”生きている人が少ないと感じたのでしょうか。

「人のことはよく分からないんだけれどね、僕自身が勘違いして“この人のために身を捧げよう”と思ったこともある。70歳、80歳、90歳になれば、実績やいろんなことが『ああこうだったんだな』って思うときがあるだろうけれど…あんまり若い時はアイツの為とかコイツの為とか思わないほうがいいよ。ロクなことが起きない。一番正直な答えは「自分のために」。どれだけ衰弱しようが、世間に叩かれようが、とにかく我が道を貫くこと。弱さも内包して、泣きながら、怒りながら、そして時代という鏡に自分の爪痕をガリガリガリガリと引っかいて残す」
「他者がどうなるとか、こう考えるとかという前に「私はどうなんだ」っていう凛とした考えを持つことが大切。そして勇気をもって矢を放ち、放った以上は批判も受けなければいけない。10代20代の魂、あるいは30代で世の中の風が分かって要領よく生きようとする自分も正しい。人間は頭で理論に走ったり、調整したりする。自分の為に生きていくと、それがいつかは『こういう生き方でいいんじゃないか』という自己肯定につながったり、『ああ、こういう生き方いいな』と誰かに影響を与えていく。僕の同世代も含めて、若い子たちも、君たちが思っていることは正しい。だけど、“自分のためにやってごらん”って僕はいつも思っている。正しいんですよ、心が感じたことは」

――誰かのために生きていても、自分本来の願望や、感じていることは絶対的な事実なんですよね。それを無理に押し殺すことはせずに、ベクトルを自分のために行動するべきだということですね。
長渕剛WEB動画インタビュー
ニューアルバム『BLACK TRAIN』より熱きメッセージを届ける!!
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事