OLIVER

自宅で作りたい野菜7選 & おしゃれプランター

LIFE
多肉植物やエアープランツなどユニークで育てやすいグリーンが登場し、暮らしに緑を取り入れる人が増えている昨今。その進化系とも言える趣味として、「自宅ファーム」が密かに注目されている。植物を育てる楽しさと、食べる楽しさ両方が手に入るのが、その人気の理由。そこに、インテリアとしても申し分のないおしゃれアイテムが多数加わり、楽しみ方は多様化している。春は植物栽培のハイシーズン。この機会に始めてみてはいかがだろう。
ナビゲーター
江里 祥和(えり・よしかず)
世界各国の農地を巡る旅を経て、2014年に株式会社おうち菜園を創業。自社WEBサイト「おうち菜園」では、オーガニック系の野菜を中心に、種やアイテム、世界の家庭菜園事情など多数の情報を日々発信している。
01 インテリアとしても活躍する、おしゃれプランター
せっかく緑を育てるなら、インテリアとしても活用したいところ。“ザ・家庭菜園”を感じさせるような無機質なプランターだと、なんだか少しワクワク感が減ってしまう。最近は、今までにない、おしゃれでユニークなプランターが多く登場している。そして、どれも初心者でも使いやすい便利なものばかり。今までの“家庭菜園”のイメージを覆す楽しみ方ができるはず。まずは、自分の家に合うプランターを見つけてみて。
◆逆さまなのにちゃんと育つ、不思議なポット。『スカイプランナー(Skyplanter)

天井から逆さまに吊るして栽培できる、なんとも不思議でおしゃれなプランター。これなら、キッチンに置いても邪魔にならず、インテリアとしても活躍する。ちょっとしたハーブや葉物を育てて、料理のときにサッと摘んで使う、なんて楽しみ方もできてしまう。また、水やりの簡単さも魅力のひとつ。上部に給水ポットがあり、そこに水を溜めておくと、必要なタイミングで植物が勝手に水を吸ってくれる。

◆水槽の中に鉢が浮かんでいるよう。『ボスケ キューブ(Bosske Cube)』

クリアなポットがシンプルでおしゃれな印象。リビングや窓際において、インテリアとしても楽しめる。まわりの水槽部分に水を溜めておけば、植物が必要なタイミングで水を吸ってくれる。水の補給は1ヶ月に1度ぐらいでOK。多忙な人にも、ちょっとした旅行に出かけるときにも、水やりを心配しなくていい、嬉しいアイテム。

◆さかなと植物が一緒に育てられる“小さな生態系”。『アクアスプラウト』

水やり、肥料やり、草取り、水槽の水の交換が必要ない、なんとも便利な水槽兼プランター。仕組みは、魚の排泄物を微生物が分解し、それを植物が栄養として吸収。植物でキレイになった水が再び水槽に戻るというもの。その繰り返しで、“小さな生態系”が家で楽しめるユニークなアイテム。

◆軽くてたためる、バルコニーにぴったりなプランター

ポリエチレン製(上)とフェルト製(下)のプランター。いずれも繊維が細かく土を通さないため、床が汚れず鉢底石の必要もない。土をいっぱいに入れたプランターは、想像以上に重くなりがち。バルコニーでの栽培では、少しでも軽く出来るのは嬉しいところだ。カラー使いも個性的で、“自宅ファーム”をおしゃれに演出できる。
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事