OLIVER

趣味特集:『楽しい身体作りを、はじめよう。』

BODY
男なら、いつまでも筋肉のある引き締まった身体でいたいもの。けど現実はなかなか難しい。自分の緩んだお腹を目の当たりにして筋トレを決意するも、なかなか行動には移せない。たとえ一念発起で始めてみても“三日坊主”で終わる始末…。
そんなとき、「自分は意志が弱い」なんて嘆くことなかれ。やる気がしないのも、続かないのも、科学的な理由がちゃんとあった! そこをきちんと押さえて、これからは自分に合った楽しい“身体作り”をしよう。
Topics
P1.男の“身体作り”にいい3つのこと
P2.楽しく鍛える、ズバリな方法
P3.余った時間の「1分筋トレ」
ナビゲーター
村上 晃平(むらかみ・こうへい)
フィットネスコンサルタント。運動生理学に脳科学や心理学を掛け合わせた効果的なトレーニング方法を開発、指導している。

男の身体作りに必要な3つのこと

理想の身体作りに必要なこと。それは、継続的なトレーニング。では、いったいどうすればできるのか。多くのクライアントを成功へ導いた、村上さんのメソッドを紹介。
Method1.
「“しなければ”ダイエット」はしない!
まず、楽しくないと続かない
「人がモノゴトを継続できる唯一の方法は、快楽ホルモンのドーパミンが分泌されること。ドーパミンは“楽しい”という記憶を脳に定着させ、もう一度やりたいと思わせる力がある」と語る村上さん。しかし、ダイエットはだいたいの場合、“しなければ”というネガティブな感情でスタートするもの。知らないうちにストレスに感じていて、ドーパミンは分泌されにくいのだとか。だから、“しなければ”と思うなら「ダイエット」はしないほうがいい。
“楽しい”という感情が効果UP
ドーパミンが分泌されると、継続性はもちろんのこと、トレーニングの効果もアップするという。「血流が良くなり、筋肉が柔らかくなり、関節が動きやすくなる。つまり、身体全体の代謝とパフォーマンスが上がる。反対に、“しなければ”で分泌されるストレスホルモンは代謝を下げ、筋肉を硬くし、血流も悪くする。体脂肪を分解する成長ホルモンの分泌も減らしてしまい逆効果」だそう。つまり「“しなければ”ダイエット」は逆効果。
どうやったら楽しくなるかを考える
「“しなければ”ダイエット」が逆効果ならば、“しなければ”と思わなければいい。そのためには、「ダイエット」を目的にするのではなく、さらにその先にある“楽しい”目標を設定するのがいいそう。「女性にモテたい」「フットサルがうまくなりたい」「服をかっこよく着こなしたい」、そのためにトレーニングをする。「どうやったら楽しいと思えるか、を最初に考えるのが成功の秘訣」と村上さんは語る。
Method.2
妄想は感情まで徹底的に。アスリートも実践する「モデリング」

“楽しい”目標を設定したら、その達成に向けて行いたいのが、トップアスリートも実践している「モデリング」という方法。成功パターンを繰り返しイメージする「イメージトレーニング」は誰もが知っているはず。その一歩先を行く方法だという。
「モデリングとは、成功したときの感情まで想像するトレーニング方法。潜在意識は、過去・現在・未来の時間的な区別がないため、今現在“想像した感情”は、“実際の感情体験”になる。つまり、成功した未来を想像すれば“楽しい”感情がうまれ、それは同時に現在の脳内でドーパミンが分泌されているということ。この感情体験を何度も行うことで、脳はすでに実現したものと錯覚を起こし、“根拠のない自信”が生まれる。それが“勝ちグセ”を生み、成功へと導いてくれる」(村上さん)という。
この「モデリング」を身体作りに置き換えるとこうなる。
<目標は「腹筋を割ること」>
そのためには、「×何をやるか」「×何を食べるか」ではなく、その先の「腹筋が割れた自分が、どういう感情を持っているか」までを想像する。
<想像ストーリー例>
まず、夏までに腹筋を割る。→割れた腹筋を引っさげて、サーフィンに行く。→体幹トレーニングの効果もあり、サーフィンが上達!→そこで、サーファーの女の子と出会って仲良くなる!→すごく楽しい!
Method.3
美女とたくさん話そう。男性ホルモンを出す4つの方法
理想の身体作りには、筋肉の発達を促す「男性ホルモン」が不可欠。「この男性ホルモンを生み出す方法として効果的なのが、筋トレ、肉を食べる、よく寝る、美しい女性と話すこと」(村上さん)。男性ホルモンと女性ホルモンは反比例するため、男性ホルモンが減ると、脂肪を溜め込みやすい女性ホルモンが増えるから気をつけよう。
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest