OLIVER

全国200ヶ所以上を巡ったアウトドアライターが選ぶ 『目的別おすすめキャンプ場』17選 

PLAY
暑さも落ち着き、外で過ごしやすくなるこれからの時期がキャンプのベストシーズン。日本全国にはオートキャンプ場だけでも1,000ヶ所を超える数が存在し、それぞれに特徴がある。ありのままの自然が楽しめるキャンプ場もあれば、快適に過ごせるようにと施設の充実度が高いキャンプ場もある。楽しいキャンプを実現するためには、自分にあった場所を見つけることがポイントのひとつ。

そこで、日本全国200ヶ所を超えるキャンプ場を巡ったアウトドアライター・佐久間亮介が、目的別におすすめのキャンプ場を紹介。家族向けやソロ向け、ペット連れ向けや人に教えたくない穴場キャンプ場まで、17ヶ所を厳選。ぜひ、キャンプ場選びの参考に。
Topics
Category01 ファミリーにおすすめ(P1)
Category02 グループで貸切ができる(P2)
Category03 ソロキャンプやツーリング向け(P2)
Category04 カップルにおすすめ(P3)
Category05 ペット連れにおすすめ(P3)
Category06 人に教えたくない“穴場”キャンプ場(P3)

Category01 ファミリーにおすすめのキャンプ場


01 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(茨城県)
施設の充実度、そしてキャンプ場スタッフのホスピタリティが人気のオートキャンプ場『グリンヴィラ』。
キャンプ場ランキングで毎年上位に入る。整ったキャンプサイトやコテージに加え、温泉施設、トイレにおむつ交換台があるなど、初心者やファミリーにオススメのキャンプ場だ。
名称:『大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ』
住所:茨城県久慈郡大子町矢田15−1
電話番号:0295-79-0031
公式サイト:http://www.greenvila.jp/(外部サイト)
02 サンタヒルズ(栃木県)
“サンタクロースのいる森”がテーマのキャンプ場『サンタヒルズ』。
サンタクロースの家やツリーハウスのエミルなど、個性的なコテージが立ち並ぶ。
初心者やファミリーで「キャンプしてみたいけど、いきなりテントはちょっと…」という人は、まずはコテージに宿泊してキャンプ場の雰囲気を味わってほしい。
名称:『サンタヒルズ』
住所:栃木県那須郡那珂川町三輪967
電話番号:0287-96-4622
公式サイト:http://santahills.co.jp/(外部サイト)
03 有野実苑オートキャンプ場(千葉県)
千葉県山武市にあるオートキャンプ場『有野実苑』。都内から90分程度で行け、場内にはバランスよく植えられた木でつくられた気持ちのいい木陰が広がる。
場内にある農園では収穫体験ができ、自分の手で収穫した野菜で作るキャンプ料理は本当に美味しい。地域の食材をふんだんに使ったイタリアンレストランも併設されているので、木陰でくつろぎながら美味しいごはんを食べるのも贅沢な楽しみ方のひとつ。
名称:『有野実苑オートキャンプ場』
住所:千葉県山武市板中新田224
電話番号:0475-89-1719
公式サイト:http://www.arinomi.co.jp/(外部サイト)
04 みのずみオートキャンプ場(奈良県)
近くを流れる川の透明度、夜空にきらめく星空が印象的なキャンプ場『みのずみオートキャンプ場』。
大阪市内から2時間程度という距離も嬉しい。キレイな川で水遊びを楽しんだり、満天の星や流れ星を観望したりと、子供連れの家族にはぴったり。川で遊べる夏から紅葉が美しい秋頃がおすすめだ。
名称:『みのずみオートキャンプ場』
住所:奈良県吉野郡天川村大字南角
電話番号:0747-63-0839
公式サイト:http://www.geocities.jp/minozumi115/index.html(外部サイト)
05 古民家ファミリービレッジ キャンプ/バーベキュー場(埼玉県)
田舎に里帰りしたときのような、どこか懐かしい雰囲気のあるキャンプ場『古民家ファミリービレッジ』。
受付があるのは、1640年代に建てられたという古民家。昔ながらの日本家屋は、子供には新鮮に映り、大人には懐かしさを感じさせてくれる。
名称:『古民家ファミリービレッジ キャンプ/バーベキュー場』
住所:埼玉県飯能市上名栗87
電話番号:042-978-5455
公式サイト:http://kominka-camp.com/(外部サイト)
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事