OLIVER

北野武「人のせいにするな、あらゆる責任は自分が負え」

CULTURE
日本を代表するコメディアン・ビートたけしであり、映画監督としても“世界のキタノ”として知られる北野武。最新作映画『アウトレイジ 最終章』が10月7日から公開される。『アウトレイジ』『アウトレイジ ビヨンド』に続く大ヒットシリーズの完結編である今作の制作秘話をはじめ、チャンスの掴み方や“楽しさ”、“努力”についてなど北野節でたっぷりと語ってくれた。

“舞台”でかっこ悪い姿を見せない、役者はすごい

日本映画会を代表する豪華俳優陣が集結してきた『アウトレイジ』シリーズ。まずは『最終章』での現場の思い出を語ってくれた。
  • 西田敏行

    西田敏行

  • 塩見三省

    塩見三省

「今回一番心配したのは、西田敏行さんと塩見三省さんの体の具合が芳しくなくて、衣裳合わせの時から心配してたんだよね。でも、役者はすごいね。撮影始まったらみんなビシっとなって、台詞も芝居も完璧。“舞台”に立つときには変なところは見せないんだから。西田さんなんかはいつも以上にアドリブが多くて、カットするのが大変だったんだよ(笑)」
  • ピエール瀧

    ピエール瀧

  • 大森南朋

    大森南朋

「ピエール瀧君はあまり芝居をやっていのは見たことがなかったんだけど、想像以上に心配することなく、うまいこと行ったね。今回の役柄もそうだったけど、変態っぽい役がうまいしね(笑)。大森南朋君はね、過去に何本か一緒にやっていて、売れてない時でほとんどエキストラに近い扱いだったけど、昔から知っていたんでね。器用だよね。うまいなと思うし」

いつかまた役者オールスターズでヤクザ映画をやりたい

2010年に『アウトレイジ』が公開されてから、約7年で三部作品として完結を迎える。このシリーズは北野監督の中でどういう存在だったのだろうか。

「バイオレンスやヤクザ映画はVシネ以外では扱わないような時代に、ちゃんとした役者で撮ればいいものができると考えて、あえて人気のないジャンルに挑戦した作品でね。俺がバイオレンスを好きだってものもあるし。その専門になって、深作監督の『仁義なき戦い』シリーズみたいにヒットを飛ばし続けていくのもいいんだと思うけど。ただ、これだけを続けるわけにもいかない」
「1本目『アウトレイジ』、2本目『アウトレイジ ビヨンド』では流れがあるんだけど、『ビヨンド』の後半でアレ?っていう終わり方をしておいて、3本目で完結。実は2本目の脚本を書いている時には3本目を想像して書いて、ほぼ出来上がっていた。とりあえず今のところは3本に収めたんだよね。何年か後にみんな生きてりゃ、また役者オールスターズで豪華なヤクザ映画をやりたいって気持ちもあるよ」
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事