OLIVER

人生を楽しむためのヒント 俳優・玉木宏

CULTURE
二枚目俳優として知られ、硬軟併せ持つ演技で多くの話題作に出演している俳優―玉木宏。出演最新作『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』ではIQ300の頭脳と美貌を持つ天才脳科学者という常人離れした役を演じる。
これまであまりプライベートな趣味を語ってきてはいないが、実は玉木個人はカメラ、水泳、スニーカーコレクション、ダイビングなど多彩な趣味を持つ一面も。OLIVER読者と同世代、36歳の玉木宏に仕事とプライベートをいかに楽しんでいるのか聞いた。
「プライベートは、最近は船舶の免許も取りましたし、実はやりたいことはサラっとやっていたりするんですよね。インドアよりも外で自然に触れることが好きで、今は険しい雪山の本格的な登山にも挑戦したいですね。やりたいことはたくさんありますよ。でも、一生続けたい趣味はカメラ。カメラは自分のペースで続けられるのが魅力です」

自宅に暗室も持つほどのめり込んでいるカメラを始めたきっかけは、ドイツのメーカー、ローライ社のフィルム二眼レフカメラを手に入れたことだったという。

「フィルムカメラで写真の面白さに気づきました。今のデジタルカメラは便利だけど、無駄打ちが多い。フィルムカメラは“一枚入魂”というか、12枚フィルム、24枚フィルム…本当に一枚一枚大切にシャッターを切るんです。そして、その結果が現像するまで分からない。あれが失敗だったのかな、なんて想像しながらまたリトライする。でも、シャッターの瞬間は一期一会だから、その一瞬は戻ってこない。それが面白く感じました」

デジタルカメラ全盛の時代に、今でも時折ライカなどのフィルムカメラを使い、原点に戻っているという。
「過度な演出をしない自然な写真を取りたい。最初の頃はよく風景を撮っていました。風景はコミュニケーションがなくて、一方的に撮れるものだから(笑)。最終的にはしっかり被写体とコミュニケーションを取っていく人物撮影をしていきたい。撮られる側になることが多いので、実はカメラは仕事にも生きています。何ミリのどんなレンズで、ISO感度がいくつで、これくらいの画角で…数字を聞いただけでこのアングルでファインダーの中の絵が想像できます。具体的にカメラマンに要望を伝えられるし、被写体側から完成イメージに近づけるわけです。

簡単に答えが出てしまったり、ある程度スキルアップしたら、もうこれでいいやと思っちゃいそうですけど…仕事もカメラもいかようにも答えがひとつじゃない。自分の思い通りにいかない、奥深い魅力があるものに僕は惹かれるんでしょう。同じ被写体を撮るとしても、10人にカメラを渡したら仕上がりは違います。芝居も同じ。答えがないものだから面白いしやりがいがあるんです」

ツールが進化して、アマチュア・プロの境界線が曖昧になりつつあるからこそ、ゴールまでのプロセスや自分なりの答えの追及が大切だと感じているようだ。
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事