OLIVER

人生を楽しむためのヒント 俳優・斎藤工

CULTURE
さまざまな分野で活躍する大人の男の「こだわり」に迫る連載企画。
ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(2014年、フジテレビ系)で主婦と恋に落ちる教師役でブレイクし、活躍中の俳優・斎藤工。仕事がほとんど無かったという頃の自分と基本的に心根は変わっていないという彼に、仕事へのこだわりや人生を楽しむコツを聞いた。

“不安”があるからこそ人生は楽しい

「役者はタイムカードが無い仕事なので、オンとオフの区切りが難しいんです。もちろん撮影前に衣装を着たりメイクして準備はするのですが、その他のいろいろなものを背負って本番に臨むのは良いことではないと考えています。オフと言われる時間の積み重ねが仕事に繋がってくると思うので、オン(仕事中)をいかにオフっぽく過ごすかというか」

例え本番であっても遊び心を持ちながら撮影に挑むこともあるという。芝居が好きなあまり、仕事中もインプットの時間として捉えているようだ。そんな中で、自分を客観視する法則性を見つけたと明かしてくれた。

「不安が全くない状態というのは、決して健康的ではないんです。ポジティブなことが起こりすぎると、逆に不安になったり次に訪れるであろう不幸に対して構えてしまう。良い状態の時に100パーセント楽しめないのは、“100点満点”でははこれ以上良くならないと思うから。でもそんな風に思うことは嫌じゃないというか。プラスとマイナスのバランスって世の中にはあると思いますし、そんな法則性を見つけてしまったせいで…ハッキリ言ってこじらせていますし社会不適合者です(笑)」

“こじらせている&社会不適合者”などと自分のことを笑ってみせるが、彼は役者だけじゃなく映画監督としての顔も持つ多才な人物である。

「2014年に、あばれる君主演で『バランサー』という映画を撮ったんです。若くして売れて美人の彼女もいる良いこと続きの芸人が、その反動でそのままだと母親を亡くしてしまうという話で。人生の幸不幸のバランスを司る職業の人をバランサーと呼ぶ設定の物語なんですけど、それは先ほどお話ししたある法則性によってできた映画と言えるかもしれません」
良いことがあると悪いことが起こるかもしれないという不安に苛まれる。ところがそういった不安は彼にとって必要なものであり、だからこそ不運が起きた時でさえも楽しんでしまえるのではないだろうか。

「常に安定しないように“カウント2でスカす”みたいなことをし続けて、不安な状態をあえて保つようにしています。仕事が無い時代が長かったので、その頃の状態を基本的に忘れていないというか。そこから心根の部分は変わっていなくて、いつそこに戻ってもおかしくないなと。自分自身で“こういう商品です”“斎藤工の特徴はこうです”といったイメージをなるべく持たないようにしなきゃなと思っています」

良い状態の自分におごることのないよう、自制する控えめさが見て取れる。役を演じる前の状態はできるだけフラットにしている彼だが、役が決まればそこにはこだわりが生まれる。
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事