OLIVER

カフェを雨の日のサードプレイスに

PLAY
雨の風景を眺めながらゆっくりと過ごし「静」の時間に身をゆだねる。そんな時をさらに充実させるために、少しだけ足を伸ばして、自分の世界に浸れる場所で過ごしてみよう。アクティブに活動する男性にこそお勧めしたい、雨の日のカフェ・喫茶店。その魅力を、ライター・喫茶写真家の川口葉子氏にお聞きした。
  • 2016年3月発刊最新著書「本好きさんのための 東京 コーヒーのお店」 (KADOKAWA/メディアファクトリー)

    2016年3月発刊最新著書「本好きさんのための 東京 コーヒーのお店」 (KADOKAWA/メディアファクトリー)

ライター・喫茶写真家 川口葉子さん

『東京カフェ散歩 観光と日常』『京都カフェ散歩 喫茶都市をめぐる』(祥伝社)、『街角にパンとコーヒー』『東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴』(実業之日本社)など、カフェ・喫茶店をテーマにした著書を多数執筆する。Webサイト『東京カフェマニア』主宰。

カフェ・喫茶店の魅力とは

一人の時間を充実したものに
「目的にふさわしいお店を選べば、読書や仕事の場として活用できます。放心状態で過ごしたり、人と待ち合わせの時間をより充実させられたりと、幅広く使いこなせます。ブックカフェをはじめ、万年筆専門店のカフェ、工作機械を使ってものづくりが楽しめるカフェなど、面白いコンセプトのお店が多彩にあります」
未知の刺激やきっかけに出会える
「流れる音楽、壁にディスプレイされた、店内のアートに興味をかきたてられたり、時には旅に出るきっかけも発見できるかもしれません。カフェ・喫茶店は空間を楽しむものでもあります。ぜひ、その場の環境にも注目してみてください。きっと自分の興味の幅を広げてくれるものや、自分が触れてこなかった新しい価値観が見つかります」
新旧のコーヒーの魅力、奥深い世界に触れる
「歴史ある名店のネルドリップコーヒーから、若手バリスタが抽出するエスプレッソまで、今、東京はもちろん全国的にもコーヒーシーンは活況を呈しています。その多様性と奥深さは、男性の知識欲を刺激してくれることでしょう」
価値観をゆるく共有する人々と知り合うこともできる
「働いているスタッフや、常連客の方々。そのお店を選んだ同じ価値観の人達が集う場です。店内でイベントを行うカフェも多いので、イベントの参加者とも交流が持てるはず。自分が望めば、趣味や趣向を共有できる人達と気軽に会話が交わせるのはカフェならでは」
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest