OLIVER

豊川悦司「海につかることは精神的リセット、そして最高のリフレッシュ」

CULTURE

他人が想像する豊川悦司のほうが面白い

どこかストイックなイメージがある豊川も、やはり芝居をするのは楽しいことだと語る。演技の幅を広げるため、ベテラン俳優ならではの“遊び”を芝居に取り入れることはないか訪ねてみた。

「芝居で遊ぶということは特に意識していないんですが、新鮮さを保つことは凄く大事なこと。撮影では同じことを何度もやるので、繰り返し演じたとしても初めて起こったことのような新鮮さを自分の中で保つように心がけています」

役者としてキャリアを積んできた豊川でも、初心は忘れないように心がけているようだ。更に今後演じてみたい役についても聞くと、独自の答えが返ってきた。

「自分でこういう役をやってみたいという願望を持っても、それは自分の想像の範囲内だからあまり刺激がないんですよね。むしろ今の僕を見て“豊川にこういう役をやらせてみよう”といった他人の判断のほうが僕にとっては凄く駆り立てられるというか…。オファーを頂いたときに“こういう風に思われてるんだな”とか、“こんなこともできると思われてるんだな”って思えるのが楽しい(笑)。そういったことが自分を客観視できる材料になったりするので、頂いた役をどれだけ楽しむことができるかということに尽きると思います」
舞い込むオファーに対して楽しんでいる様子が少なからず伝わってくる。まるで新しい豊川悦司に出会うことを、自身が楽しみにしているかのようだ。芝居は心パワーチャージであり、客観的な視点を楽しみながら自身の役者としてのモチベーションを保つ。演じることが仕事だが、全力で取り組むことは精神的には“思いっきり遊ぶ”にも近いことではないだろうか。

そんな豊川が出演する最新作『後妻業の女』では、老人達を騙す女性を影で操る結婚相談所の所長・柏木亨を演じている。本作について「チャーミングなピカレスクロマンを創っていきたい」と語る。悪い男をどのようにチャーミングに演じたのか。

豊川悦司 フォトギャラリー

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事