OLIVER

豊川悦司「海につかることは精神的リセット、そして最高のリフレッシュ」

CULTURE

悪役は楽しい。そして愛らしい。

「柏木のやっていることは悪いことではありますが、映画である以上は観客の皆様に愛されるようなキャラクターにしてあげたいという思いがありました。弱い犬ほどよく吠えるじゃないですけど、強がっていてもどこか弱さが透けてみえる、肝っ玉の小ささがみえるように意識しながら、僕自身、柏木という役をちゃんと愛し、悪い男を楽しんで演じました」

2011年公開の『一枚のハガキ』など何度も豊川と共演を果たしている大竹しのぶが“後妻業の女・武内小夜子”を演じており、共犯関係である小夜子と柏木のコミカルなやりとりは、今作のある意味見せ場とも言える。
「大竹さんとは何度も共演させていただいていますが、改めて本当に凄い女優さんだなと感じました。空き時間に普通にお話していても、芝居になるとすっと役に集中していくような方で、いま演じていることは本当のことなんじゃないかと感じさせてくれる。自分は本当に柏木で、大竹さんは本当に小夜子なんじゃないかとリアルに思わせてくれるような素晴らしい女優さんです」

今作では大竹と豊川というベテラン同士の演技バトルだけではなく、豊川と永瀬正敏の“男の対決”も登場する。永瀬が演じるのは本多という正体不明の裏社会の探偵で、今作のキーマンとして柏木や小夜子を脅かすような存在として描かれている。
「永瀬さん演じる本多という男と柏木は、敵対してるけど最後は男二人で“しょうがないね〜”なんて感じになったりもする(笑)。情けない男二人が並んでいるシーンでは、アクションや苦しい部分も多く大変でしたが、凄く楽しく演じることができました。二人は仲良くなるわけじゃないけれど、柏木はあの後もしかしたら本多に仕事頼むんじゃないかな、なんて想像したりするのも面白いと思います(笑)」

豊川悦司 フォトギャラリー

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事