OLIVER

みうらじゅん×宮藤官九郎 「楽しく生きること」とは

CULTURE
イラストレーターなどで活躍するみうらじゅん、脚本家・宮藤官九郎。テレビ・本・映画、サブカルチャー、多彩なジャンルで活躍し、数々の話題作やブームを作り上げてきた2人。「楽しく生きる」―OLIVERのコンセプトでもあるこのテーマにこれほどぴったりな2人はいないのではないか。そんな稀代のクリエイター2人に、楽しく生きることについて語ってもらった。
Profile
みうらじゅん
1958年生まれ、京都府出身。武蔵野美術大学在学中の1980年に漫画家デビュー。その後はイラストレーター、作家、ミュージシャンなど多岐にわたる分野で活躍。「ゆるキャラ」「マイブーム」といった流行語を生み出し、「仏像」「DT」「親孝行」など数々のブームを仕掛ける。自伝的漫画『アイデン&ティティ』は田口トモロヲ監督、宮藤官九郎脚本によって映画化された。近著に『「ない仕事」の作り方』『されど人生エロエロ』『マイ仏教』など。
Profile
宮藤官九郎
1970年生まれ、宮城県出身。1991年に「大人計画」に参加。以降、脚本家、監督、俳優、ミュージシャンなど多方面で活躍。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』、ドラマ『ごめんね青春!』『ゆとりですがなにか』など、話題作の脚本を次々に手掛ける。2005年には『真夜中の弥次さん喜多さん』で監督デビュー。最新作の『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』もヒット。パンクコントバンド「グループ魂」では“暴動”の名前でギターを担当。
取材は、2人の対談本『みうらじゅんと宮藤官九郎の世界全体会議』の発売イベント会場で行った。
『みうらじゅんと宮藤官九郎の世界全体会議』(集英社)
男と女に友情は成立するのか、お化けはいるのかいないのか、なぜ男はハゲを恐れるのか…。「男と女について」「日本人について」「人生について」2人が人類を代表して語り合う対談本。約30ものテーマを収録している。
楽しく生きるためには何が必要なのだろうか。男の人生には仕事はつきもの。仕事が楽しければ人生も楽しくなるのだろうか。楽しいことは遊びなのか?どこからが仕事でどこからが遊びなのか。男の人生にとって楽しいとは何だろうか。そんな、楽しさ、遊び、仕事についてフリートークをしてもらった。その様子をお送りする。

楽しく生きるところも仕事に含まれている

みうら
「好きな事を仕事にしているから、僕は仕事だと思っていないですね」っていう人いますよね。……カッコつけ過ぎですよねぇ(笑)

宮藤
よくみうらさんとも話しますが。俺らの仕事って楽しそうに見えるんですよね。だからなのか、ついこの間も奥さんにも言われたんですよ、「あなたばっかり楽しそうでいいね」って。

みうら
あれ、意外とつらいよね(笑)

宮藤
楽しそうでいいね、って言われても、「いや、楽しそうなだけで実際さほど楽しくはないよ」って説明しようにもなかなか分かってもらえないですよね。

みうら
それを表す言葉がまだ見つかってないですよね。
宮藤
楽しそうにするのも仕事だから。楽しいわけじゃないんですよね。楽しんでやらないといけない仕事ですからね。「楽しい仕事」じゃないんですよね。楽しんでやるところまでも仕事っていうか。結果、外からみれば「楽しそう」ってことなんですが…。

みうら
そりゃ、暗い時もありますからね。

宮藤
仕事の調子が悪い時、楽しくないから調子が出ないわけで、“楽しいってことも仕事に含まれている”のって、なかなか分かってもらえないですよね。なんでですかね? だって、ごはん作るのがすごく楽しいっていう人だったら、ごはん作る仕事は天職じゃないですか。たぶんそれなんですよ。それで初めて仕事になっている。たぶんみうらさんも、僕もそうですけれど。

みうら
好きな仕事だから遊びのようにやっているわけでなくて、仕事は仕事。仕事は楽しくやらないと仕事にならないですから。それは遊びと言っちゃうのは抵抗ありますね。

宮藤
仕事を通してたくさん話題もできて、仕事で酒を飲んだりもして、限りなく楽しいですが…遊んではいないですからね。
宮藤
今日の対談生放送イベントでも途中に休憩時間がありましたけれど、休憩ってなんだろうなって思って「10分間面白くない話しましょうか?」って言っちゃいましたが。面白い話をしなきゃいけないイベントってことで仕事だと思っているんですよ。でも、つまらない話をしてまで人前にいたくないじゃないですか。結果的に楽屋に引っ込みましたけれど(笑)。楽しそうでイイねって言われるのはうれしいんですが、反面釈然としないですね。

今の仕事は好きで始めたんですよね。良い時はこの仕事選んでよかったなって思いますけれど、調子でない時は本当に嫌だなって思う時もありますよね。朝起きて目覚めてるのにやりたくなくて起き上がらないって日もありますよ。…みんなそうなんじゃないですか? いっくら楽しくても仕事は仕事ですよね。

だから、箱根で芸者呼んで、酒飲みながら対談していても…?


みうら宮藤
「それも仕事」(笑)
宮藤
ですよね(笑)。
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事