OLIVER

縦横同時収縮する独自ソール、「ナイキ フリー」新モデル

FASHION
 ナイキが、10年以上にわたる「ナイキ フリー」のイノベーションの一環として同フットウェアシリーズの最新モデルを発表した。革新的な三角形の幾何学的フォルムのソールにより「ナチュラルモーション(自然な動き)」を実現。自分の足に合ったシューズを求めるランナー要チェックの一足だ。

 ランニングは「ナイキ フリー ラン モーション フライニット」「ナイキ フリー ラン フライニット」「ナイキ フリー ラン」の3種類がラインナップ。伸縮性のあるミッドソールと、前足から踵につながる3D立体構造の「ナイキ フライニットアッパー」や、新開発の伸縮技術を採用した「ソフトなIUフォーム」などを採用し、軽量感と快適性にこだわった造りとなった。

 トレーニングは「ウィメンズ ナイキ フリー トランスフォーム フライニット」と「メンズ ナイキ フリー トレイン フォース フライニット」の2種類。アスリートの自然な動きにあわせて伸縮するアウトソールに加え、フライニット構造のアッパーにより柔軟性とサポート力を実現。反復性のある強い衝撃に対して、2種類の密度のフォームとしっかりしたソールが動きをあわせ、激しい動作中もサポート性を発揮する。これから本格的に到来する、スポーツシーズンに重宝するアイテムとなるだろう。

 ランニング用の「ナイキ フリー ラン フライニット」「ナイキ フリー ラン」、トレーニング用の「ナイキ フリー トレイン フォース フライニット(メンズ)」「ナイキ フリー トランスフォーム フライニット(ウィメンズ)」は、4月7日より順次発売中。ランニング用の「ナイキ フリー ラン モーション フライニット」は、5月5日に発売予定となっている。各モデルの価格は、以下の通り(すべて税込)。

どのランナーも独自のストライドを持ち、足への負担のかかり方もさまざま。新たなナイキフリーは、三角形を組み合わせた形状により、縦横同時に拡大・収縮して衝撃に対応するのが特徴。トレーニングシューズが合わないと思っている人は試してみる価値がありそうだ。


■ナイキ フリー ラン モーション フライニット1万7280円
■ナイキ フリー ラン フライニット1万5120円
■ナイキ フリー ラン1万2960円
■ウィメンズ ナイキ フリー トランスフォーム フライニット1万6200円
■メンズ ナイキ フリー トレイン フォース フライニット1万7280円

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 西川貴教(T.M.Revolution)
  • 藤原竜也
  • 野村萬斎
  • 長澤まさみ
  • 松岡充
  • 倉科カナ
  • 竹原ピストル