OLIVER

すべて職人の手作り。ドイツ生まれのインテリアライトがおしゃれ

LIFE
 衣替えをするように、夏に向けて部屋の模様替えをする人は少なくないはず。そんなとき、部屋の印象を左右するラグやカーテン、大型家具はもちろん、意外と見落としがちなライトにもこだわってみてはいかがだろう。そこで、このたび日本に上陸した、ドイツ人デザイナーによる独特なデザインが魅力のインテリアブランド『TEO(ティーイーオー)』のインテリアライトシリーズをピックアップ。すべて職人の手作りという、こだわりが詰まったアイテムだ。

 『TEO』は、2人のドイツ人デザイナーと照明工房ETANO-HOMEによって、2013年に設立されたインテリアブランド。ポップでモダンなデザインがヨーロッパで注目を集めており、その中でも人気なのが、このインテリアライトシリーズ。

 ペンダントライトとテーブルライトの2タイプあり、吹きガラス部分と鮮やかなカラーの塗装を施したメタル素材部分が融合したデザインになっている。いずれの部分もすべて職人が1つ1つ手作業で作り上げており、そこにはデザインへの強いこだわりと洗練された職人の技術が詰まっている。

 部屋を灯すという実用性はもちろん、インテリアとしての存在感と男心をくすぐるクラフトマンシップが感じられるこちら。ライトは、ついつい無機質で無難なモノを選びガチだったり、部屋のテイストが変わっても同じモノを使い続けてしまったりする。夏に向けて部屋の印象を変えたい人は、模様替えアイテムの候補のひとつに入れてみては。

 同シリーズの商品は、「VARIAS(ヴァリアス)」のオンラインショップと一部ネットショップ、小売店で限定販売される。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 北野武
  • MIYAVI
  • ISSA(DA PUMP)
  • オダギリジョー
  • 玉山鉄二
  • 古谷徹
  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ