OLIVER

スポーツジャーナリストたちの魂の写真300点を展示 「記憶に残る一枚 そしてTOKYO」開催

CULTURE
 いつの時代も、見る人に感動と興奮を与えてくれるスポーツ。その躍動感溢れるシーンを収めてきたスポーツジャーナリストたちの魂の写真、約200点が展示される「記憶に残る一枚 そしてTOKYO」(主催:一般社団法人 日本スポーツプレス協会)が7月8日〜8月22日まで開催される。開催場所は「キヤノンギャラリーS」、「キヤノンオープンギャラリー1・2」(東京都港区港南)、入場料は無料。

 今年で創立40周年を迎える「一般社団法人 日本スポーツプレス協会」。スポーツジャーナリストの活動を擁護し、日本のスポーツ界の発展に寄与することを目的に1976年に創設された。これまで、第一線で活躍するフリーランスをはじめとするジャーナリスト(フォトグラファー・ライター)延べ246名が所属し、国内外のスポーツシーンの最前線で活躍してきた。

 創立40周年を記念して開催する本展示会では、彼らが切り取ってきた感動と迫力のあるスポーツ写真を文章とともに展示。スポーツの名シーンのほか、未来を担うアスリートに迫る展示や日本のスポーツの歴史を振り返る展示などが楽しめる。

 スポーツが与えてくれる感動の記憶の数々を見ながら、4年後のTOKYOに思いを馳せてみては。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ