OLIVER

夏は眉毛が気になる季節、簡単ケア方法&髪型別“相性のいい眉毛”

BODY
 暑くなると、髪を切りに行く人も多いだろう。美容院に行ってすっきり夏仕様になった後、急に気になりはじめるのが眉毛。前髪を短くすれば目立つようになるし、思い切ってスタイルを変えると髪型とのバランスが崩れてしまう。面倒で手を抜きがちな眉毛だが、意外と女性はチェックしているから要注意。そこで、男性美容研究家・藤村岳氏がすすめる簡単な手入れ方法と、髪型に合った眉毛の形を紹介。

 シック・ジャパンが行ったアンケート(※)では、眉毛は「第一印象に影響を与える」と約8割の女性が回答。そんな彼女たちが「印象のいい眉毛」と支持したのが、“ムダ毛のみを処理した眉毛”(74%)だった。反対に印象が悪いのは、“何も手を加えていない眉毛”と“細い眉毛”。何もしないのも、やり過ぎなのも不評なよう。

■手軽で女性ウケのいい“ムダ毛処理のみ眉毛”のケア方法
 使う道具は、小回りがきき、誰でも簡単に形を整えられる眉用カミソリ。剃る前にはシェービングジェルや乳液を塗る。
【STEP.01】 眉下のムダ毛を取り除く
眉尻から眉頭に向かって、上から下に少しずつなでるように剃る。これだけで、清潔感が格段にアップ。
【STEP.02】 眉の上部の形と整える
眉の上部は、うぶ毛を剃るだけでも十分。眉の輪郭がはっきりし、顔全体の印象が変わる。
【STEP.03】 眉間を整えて完成
忘れずにおさえたいのが眉間。刃先を使って眉間の中央だけを少し剃るのが自然に見せるコツ。

■髪型別“相性のいい眉毛”
 前髪の長さや髪の毛のボリューム感で、バランスのいい眉毛の形は変わってくる。藤村氏おすすめの組み合わせはこちら。

【ベリーショート】דムダ毛処理のみ眉毛”
髪型自体にインパクトが強いベリーショートには、ナチュラルな眉毛でメリハリのバランスをとるのが有効。

【ショート】ד太く濃い眉毛”
太眉は芯の強いイメージがあるため、やや短めのヘアスタイルと合わせることで、男らしくハツラツとした印象になる。手入れのポイントは、眉の輪郭や毛の長さを整えること。ボサボサ感が出てしまうと野暮ったくなる。

【ミディアム】ד太く濃い眉毛”or“眉山角度つけ眉毛”
“太く濃い眉毛”は『ショート』と同様。やや細めで繊細な“眉山角度つけ眉毛”は、長めの髪型と相性がいい。前髪の隙間からチラリと見えるぐらいがベスト。手入れのポイントは、自眉本来の角度を活かしながら整えること。角度を付け過ぎると神経質に見えてしまう。

 お金も時間もそこまでかけずに、眉用カミソリで手軽にできる眉毛ケア。夏髪に合わせて、試してみては。

※シック・ジャパン調べ:期間2016 年3 月、対象 20〜39 歳 女性216 名

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • オダギリジョー
  • 玉山鉄二
  • 古谷徹
  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ