OLIVER

多い?少ない? 人が“人生で運動に費やす時間は180日”という調査結果

BODY
 2016年も残すところあと半年。上半期を振り返ったとき、「いったい何をして過ごしてきたのだろう…」と思わず考えてしまう人も少なくないのでは。スポーツブランドのリーボックが行った調査『人の時間の使い方、運動に費やす時間』では、改めて“日々の過ごし方”を考えさせられる結果がでている。

 今回の調査によると、人の人生の長さは平均25,915日。多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれだけれど、世界の平均寿命71歳から算出すると、この数字。そのうち「運動に費やす」のは180日(=4,320時間・人生全体の0.69%)、「テクノロジー機器の利用に費やす」のは10,625日(41%)、「愛する人と過ごす」のは1,769日(6.8%)、「職場や家で座って過ごす」のは7,709日(29.75%)だそう。

 普段、年単位で時間を捉えることが多く、一年が経つとなんとなくリセットしたように思いがち。けれど、人生を日数で捉えると“何に時間を費やしているのか”、“自分は何に時間を費やしたいのか”がよりダイレクトに見えてくる。

 この調査結果を踏まえてリーボックは、“自分が与えられた時間・身体を尊重し、笑顔でより充実した人生を過ごそう”というメッセージを込めた動画を公開。走ることが大好きな女性の一生を、高齢期から子ども時代にさかのぼりながら見せる構成になっている。


調査内容:人の時間の使い方、運動に費やす時間調査
調査概要:米国、英国、カナダ、ドイツ、フランス、メキシコ、ロシア、韓国、スペインの9,000人を対象としたインターネット調査
調査時期:2016年4月


タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ