OLIVER

メルセデス・ベンツ、自動運転機能を搭載した新型Eクラス発売

VEHICLE
 7月27日、メルセデス・ベンツが民間企業としては初となる迎賓館赤坂離宮のイベント「自動車の最先端安全技術に関する国際交流会」を開催し、自動運転機能を搭載した新型Eクラスシリーズの販売開始を発表した。交流会では世界初の自動車のレプリカが展示され、新型Eクラスの自動運転のデモンストレーションが行われた。

 メルセデス・ベンツに初めて搭載される「ドライブパイロット」は、高速道路や渋滞時に自動運転をする機能。一定時間ステアリング操作を行わない場合に、ドライバーへ警告し停車に誘導する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」と、スマートフォンによる外部からの駐車操作「リモートパーキングパイロット」は世界初の実装となる。

 そのほかにもさまざまなドライブアシスト機能を搭載。ウインカーの操作のみで自動的に車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」、道路標識を読み取りディスプレイに制限速度を表示して注意を促す「トラフィックサインアシスト」、緊急時に自動でステアリング操作をアシストする回避補助システムはメルセデス・ベンツ初の機能となる。その他、従来モデルにも搭載されていたドライブアシスト機能はより強化された。

 新型のEクラスはモデルにより外観が異なる。最新テクノロジーを有する“アバンギャルド”、ダイナミックなシルエットの“アバンギャルドスポーツ”、伝統的なフロントフェイスの“エクスクルーシブ”を展開。また、ステアリング自体にタッチコントロール機能を搭載するなど、インテリアにも最新技術と優雅さを備えている。

 ドイツ大使や欧州連合参事官、経済産業省、国土交通省の要人が見守る中、新型Eクラスの自動運転や自動駐車のデモンストレーションが行われた。ダイムラー社の開発担当者は「新しい交通手段や第三のパーソナルスペースとしてなど、自動運転技術は車の新たな可能性がある」と、自動運転技術の重要性について語った。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ