OLIVER

4シーズン通して着られる、温度調節機能素材のカスタムオーダースーツ

FASHION
 うだるように暑い日も、凍えるほど寒い日も、ビジネスシーンでスーツの着用が求められる。そんな人の強い味方となりそうな、カスタムオーダーのスーツが登場。オンラインショップ『LaFabric(ラファブリック)』は、宇宙服のために開発された素材“アウトラスト”を使った温度調節スーツ「#001 seasons(シーズンズ)」を8月22日に発売する。肌の表面温度を常に31℃〜33℃にコントロールできるため、自分の体型に合ったスーツを、年間を通して着られるのが魅力だ。

 インナーからビジネスウエアまで、速乾や吸汗、保温など、高機能素材を使ったアイテムが多く登場している昨今。インナーなどは機能重視、デザインは二の次でも問題ないけれど、スーツとなるとデザインやシルエットにもこだわりたいところ。今回登場する「#001 seasons」は、高機能素材を使用し、自分の体型に合ったスーツをカスタムオーダーできるという点がポイント。

 そもそも、人が快適に感じるかどうかは外気温や体内温度に関係なく、衣服と肌の間の空気層によってつくりだされる体感温度が関係するという。そして、その快適温度とされるのは"32±1℃"だそう。高機能素材“アウトラスト”は、寒いときは熱を放出し、暑いときは熱を吸収することで、肌の表面温度を常に31℃〜33℃にコントロールできる。メカニズムは、2〜30ミクロンの小さなマイクロカプセルの中に入ったパラフィンワックスが体から余分な熱を吸収し、寒くなると蓄えていた熱を放出するというはたらきをするから。

 商品ライナップは、「2ピーススーツ」(5万9800円/税込)、「3ピーススーツ」(6万9800円/税込)、「ジャケット」(4万4800円/税込)、「スラックス」(1万9800円/税込)、「ベスト」(1万8800円/税込)。色展開は、いずれもチャコールグレー、ブラック、ライトグレーの3色。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ