OLIVER

トヨタ、手のひらサイズの低価格の家庭用コミュニケーションロボ「KIROBO mini」発表

LIFE
 トヨタ自動車が10月3日、コミュニケーションンパートナーロボット「KIROBO mini」を2017年に発売することを発表した。手のひらに乗るミニサイズかつ税抜3万円代の低価格設定で、今冬にはWEBで先行受付を開始する。トヨタ自動車担当者の片岡史憲氏は「“愛車”のように想い出を共有し、家族の一員のように接してほしい」と「KIROBO mini」開発への想いを明かした。

 各社から続々とコミュニケーションロボットが登場する中、トヨタ自動車が送るのは「いつも一緒に」を可能にする座高10センチの手のひらサイズのミニロボット「KIROBO mini」。本体と専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetoothでつなぐことでさまざまな会話やしぐさを実現する。

 しぐさや口調、瞬き、などキュートな動きも特徴。好きなことや嫌いな事、一緒に行った場所など人に合わせた会話ができるように成長する。「KIROBO mini」に連動したトヨタのクラウドサービス対応車両を利用すると、「今日はたくさん走ったね、お疲れさま」といった車や家の状況を踏まえた会話も可能になるという。

 「KIROBO mini」はトヨタの車作りの根底にある「人に寄り沿い、心を動かす」という理念を新たな形で表したモノづくり「TOYOTA HEART PROJECT」の一環として実現したもの。トヨタ担当者の片岡氏は「車は“愛車”と表現される、生活に密着したもの。人が愛車とパートナーになるように、KIROBOminiも心を通わせることができる存在を目指しました。これは完成品である車に対して、ある意味“未完成”のものを世に出すチャレンジです。5歳児くらいの知能設定なので、言葉とキャッチボールする感覚で育てる過程を楽しんで、想い出を共有してほしい。」と開発への想いを明かした。

 「KIROBO mini」本体価格は税抜3万9800円。専用アプリは月額300円前後を予定。WEBで受付を行い、今冬に東京都と愛知県で先行販売。トヨタ販売店で引き渡す予定だ。また、10月4日〜7日幕張メッセで開催されるIT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN2016」でも「KIROBO mini」のコミュニケーションを体験できる。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ