OLIVER

ミシュラン一つ星のステーキハウス日本初上陸 約500種のワインセラーも

FOOD
 実りの秋に合わせて食欲は高まり、11月のボジョレーの解禁に向けてお酒を飲むシーンも増える季節に。2011年から3年連続ミシュラン一つ星を獲得し、アメリカのブランド牛「グレーターオマハ」や「クリークストーン」を食すことのできる「アレクサンダーズ ステーキハウス」が11月10日に東京・汐留に日本初上陸する。

 同店は2005年にカルフォルニアにオープン。こだわりの熟成肉は鮮度を保ったまま日本へと空輸され提供される。そのほか和牛などステーキにもさまざまな銘柄・部位が取り揃えられていたり、北海道産の牡蠣にワサビ&抹茶クリームを添えた『北海道オイスター』や一風変わったオシャレなメニュー『ハマチショット』が登場したりと、サイドメニューも充実。

 食欲を満たすだけでなく、常時約500種のワインを用意しており、ソムリエが食事に合わせたワイン、客の好みに合ったワインを提供してくれる。カルフォルニアワインを中心としたセレクションで、「カルトワイン」といった希少なワインや同店のブランドワインを楽しむことができる。

【店舗詳細】
「ALEXANDER’S STEAKHOUSE(アレクサンダーズ ステーキハウス)」
オープン日:2016年11月10日 ※プレオープン日:2016年11月1日〜5日、9日(18時からのディナーのみ営業、予約のみ)
住所:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンタービル42階
営業時間:ランチ/11:30〜15:30(LO14:00)、ディナー/17:30〜23:30(LO22:00)※日曜のみ17:30〜22:30(LO21:00)

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 西川貴教(T.M.Revolution)
  • 藤原竜也
  • 野村萬斎
  • 長澤まさみ
  • 松岡充
  • 倉科カナ
  • 竹原ピストル