OLIVER

「MTV」授賞式の360度VR映像生配信リポート

PLAY
 10月26日に開催された『MTV VMAJ 2016 -THE PARTY!!-』の様子を360度のVR映像かつ生配信で無料視聴できるイベントが、東京・恵比寿の「Racer‘s Cafe
」で行われた。『MTJ VMAJ』をVR映像でリアルタイム配信するのは初めての試みとなる。

 『MTV VMAJ』は、数々のミュージックビデオの中から視聴者の投票により最優秀作品を決定する“ファンが選ぶ音楽賞”。東京・江東区「STUDIO COAST」で行われた受賞式イベントの様子を、サムスン電子の「Galaxy s7 edge」と11月発売のゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」で視聴するという試み。

 「生配信」かつ「VR映像」という珍しい試みを記者が実際に体験した。カメラ位置はステージと客席の中間にあり、通常の観客席では見られない光景がヘッドセット内に広がる。ステージのパフォーマンスと反対を向くと客席の盛り上がりを見られるという、臨場感がありつつ、客観的視点もあわせ持つ体験できるのはVR映像ならでは。

 イベントはMCを務めるRIP SLYMEのライブからはじまり、サプライズゲストで話題沸騰中のアーティスト・ピコ太郎が出演し、楽曲「PPAP」を披露。ほかにもAK-69、GENERATIONS from EXILE TRIBEなど豪華アーティストのライブにより盛り上がる会場の臨場感を、15キロ以上離れた恵比寿からリアルタイムで体験することができた。

 「Galaxy」「Gear VR」によるVR映像配信を行ったサムスン電子の担当者は「VRコンテンツは音楽ライブ・スポーツ観戦と親和性が高い。スマホのVRキットは家庭にいながらライブを楽しめるツールになりえる。今後のエンタメシーンに好影響と変化を与えてくと思います」と今後の展望を語った。VRの普及により、最前列よりもアーティストに近い目線でライブ視聴ができる「VR席」というチケットカテゴリができる可能性もあるという。

 今年は“VR元年”といわれており、各社からVR機器が登場し、VRコンテンツが身近になりつつある。スマートフォンのVR用ヘッドセットは、今後ヘッドフォンと同様の「周辺機器」として需要が高まっていきそうだ。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ