OLIVER

超精密!ヤマハが本気を出したパーツ総数900点超の「MT-10」ペーパークラフト

PLAY
 ヤマハのウェブサイト内で、「超精密ペーパークラフト」のシリーズ企画最新作「MT-10」を2016年末から公開している。2016年にヨーロッパで発売されたMTシリーズのフラッグシップモデルを900点を超える総パーツ数でペーパークラフト化したもので、無料でダウンロードが可能だ。

 超精密ペーパークラフトシリーズは、圧巻のパーツ数によって限りなく実車に近い存在感を示すシリーズ。約1/5スケール、全長45センチ前後と完成形も大迫力。第1弾は「MT-01」、第2弾は「V-MAX」、第3弾はスーパースポーツ「YZF-R1M」とヤマハが誇る個性的な名車がペーパークラフト化している。4作目となるMT-10は、ネイキッドマシンとスーパーモタードマシンを掛け合わせたMTシリーズの頂点「King of MT」として総パーツ数900点を超える精密さで登場。

 「超精密!MT-10ペーパークラフト」は、“パーツ”と“説明書”を3部に分けてダウンロードする。パーツはA4用紙計47ページ、説明書は計61ページの大ボリューム。説明書には山折り、谷折り、切れ込み、切り抜き、差し込み、丸める、接着などの指示が詳細に書き込まれており、まるで精密なプラモデルの説明書のようだ。パーツは実車に忠実なカラーリングが施されているが、自分で塗装をしたい人のために、ホワイト版のデータも用意している。

 超精密シリーズの組み立てには、A4サイズのインクジェットペーパークラフト向け用紙または官製はがき程度の厚紙を使う。組み立てには接着材が必要で、乳白色の木工用ボンドを推奨している。ホームページではほかにも世界の希少動物シリーズ、飛び出すグリーティングカードなど、70点を超える作品を公開。トップページから「ショールーム」ページ内の「ペーパークラフト」コーナーでいずれも無料ダウンロードできる。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 北野武
  • MIYAVI
  • ISSA(DA PUMP)
  • オダギリジョー
  • 玉山鉄二
  • 古谷徹
  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ