OLIVER

パナソニック、メーカー初のスマホ連携コーヒー豆焙煎機

LIFE
 パナソニックは19日、メーカー初となるコーヒー豆の家庭用焙煎機「The Roast」の4月発売および飲食産業への参入を発表した。本製品は英・IKAWA社との技術提携によるもので、専用に作られた焙煎プロファイルをスマホアプリから送信、好みの味を楽しむことができる“IoT家電”だ。

 「The Roast」は、“これまでにない極上のコーヒー体験を”テーマに、飲む直前に焙煎することで、豊かなコーヒーの風味を家庭でも気軽に楽しんでほしいという思いで開発された。スマートフォンと連携し、焙煎プロファイルを本体へ送信することで、自宅でプロが監修した焙煎度を忠実に再現する。好みのプロファイルを選択でき、その日の気分で焙煎度を変更することができる。焙煎プロファイルの監修は、日本人で唯一、世界一に輝いた経験のある豆香洞コーヒーの焙煎士・後藤直紀氏が担当する。

 世界から厳選したシングルオリジンのスペシャリティーコーヒーの生豆が毎月自宅に届く。焙煎プロファイルはこの豆専用に作られており、季節ごとに豆の種類・プロファイルも変更する。豆は本機とは別契約となり、1年契約で生豆パック3種セット月額5500円または2種セット月額3800円で販売。

 1種類の豆に「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3つのプロファイルを用意。使い方は、スマートフォンでアプリを起動し、豆袋に記載された二次元バーコードを読み込む。豆に合わせたプロファイルを好みで選択し、焙煎機に豆を投入する。本機には雑味の元となるチャフ(薄皮)除去機能があるのも特徴。サービスは4月に開始予定。パナソニックのショッピングサイトPanasonic Store(パナソニック ストア)で「The Roast」焙煎機本体10万8000円と生豆の定期頒布セット販売のみ。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • オダギリジョー
  • 玉山鉄二
  • 古谷徹
  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ