OLIVER

まるでレースゲーム? 走行中の各種データと映像を融合させたスポーツカメラ「REC-1」

PLAY
 バイクやクルマに取り付けられ、走行中のデータと臨場感あふれる映像を融合できる小型フルHDスポーツカメラ「REC-1」が、4月下旬に出荷される。

 「REC-1」はWi-Fi機能を搭載したスポーツカメラと外付けセンサーがセット。同梱の外付けセンサーを車体に装着することで、速度や傾き、温度といったデータを記録。カメラとセンサーをPCと接続し、無償で提供される専用PCソフトにより、撮影した動画の上に取得した各種走行データを重ね合わせ、まるでレースのテレビゲーム画面のようにデータを表示した映像を簡単に作成できる。

 カメラは最大1080/60pの動画撮影や最大2304×1728ピクセルの静止画撮影機能に加え、撮影映像をスマートフォン経由でストリーミング再生でき、遠隔操作で録画の開始・停止を行なえる。手の届きにくい箇所に装着した場合でも、スマートフォンから遠隔での操作が可能。

 「REC-1」はメーカーCerevoの直販サイトで購入できる。価格は税抜2万9,990円で、4月下旬に出荷予定。同梱の外付けセンサーは「LOG-1」として、単体でも税別6,990円で販売する。ドライブやツーリングの記録映像を、エンターテイメント感覚で楽しめそうだ。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 西川貴教(T.M.Revolution)
  • 藤原竜也
  • 野村萬斎
  • 長澤まさみ
  • 松岡充
  • 倉科カナ
  • 竹原ピストル