OLIVER

日本初公開資料が多数 原画やラフなど90年ぶん全450点を展示する『ディズニー・アート展』

CULTURE
 約90年にわたるディズニー・アニメーションの歴史を紐解く原画やスケッチ、コンセプトアートなど約450点を展示する『ディズニーアート展いのちを吹き込む魔法』が、東京・お台場の日本科学未来館で9月24日まで開催中。

 展覧会は、「いのちが吹き込まれた瞬間」をコンセプトに、ミッキーマウスの誕生作となった『蒸気船ウィリー』にはじまり、『白雪姫』『ダンボ』など初期の作品から『アナと雪の女王』『ズートピア』、最新作の『モアナと伝説の海』に至るまで、多数の貴重な資料を展示する。

 ディズニー・アニメーションでは、クリエーターたちが重ねたスケッチに、その時代の最新技術を駆使することでいのちを吹き込んできた。本展覧会は、「いのちを吹き込む魔法」と題し、数々のディズニー作品のキャラクターが生まれた瞬間に、展示資料を通じて立ち会うことができる。歴史的にも価値の高い手描きの原画やスケッチが公開されることは珍しく、今回展示される多くが日本初公開となる。9月以降は大阪、新潟、仙台と巡回予定。

 『ディズニー・アート展いのちを吹き込む魔法』
会期:4月8日〜9月24日
会場:日本科学未来館1階企画展示ゾーン(東京都江東区青海2-3-6)
開催時間:10:00〜17:00 ※入場券購入および会場入場は閉館30分前まで
入館料:大人620円、18歳以下210円

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • キアヌ・リーブス
  • 真田広之
  • 窪塚洋介
  • 西川貴教(T.M.Revolution)
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ
  • 竹原ピストル