OLIVER

浅野忠信、歴代全13モデルの「スカイライン」に囲まれて「全部乗りたい!」

VEHICLE
 俳優の浅野忠信(43)が20日、都内で行われた日産自動車「スカイライン」誕生60周年の記念イベント「SKYLINE TIMELINE」に登場。1957年発売の初代から最新までの全13モデルがずらりと並ぶ会場に、「見ているだけでワクワクする。“ハコスカ(3代目C10型)”が大好きで、家にミニカーがたくさんあります」と嬉しそうに語った。

 “ハコスカ”の思い出を聞かれると、「中学生の頃、友人の兄が買ったときに乗せてくれた。それがすごくかっこよくて、嬉しかった」と懐かしんだ。さらに、子どもの頃に好きだった漫画『湘南爆走族』(作者:吉田聡)の登場人物が“ケンメリ(4代目C110型)”に乗っていたことや、当時人気の刑事ドラマ『西部警察』でシリーズ初の「マシンX」として“ジャパン(5代目C210型)”が出ていたことなど、同世代の男なら思わず共感してしまうような「スカイライン」の思い出エピソードが次々と飛び出した。

 同イベント内には、歴代の「スカイライン」とその時代を象徴する背景画像と一緒に、まるでタイムスリップしたような写真が撮れるスタジオが併設。浅野もひと足早く体験し、1957年当時に建造中だった東京タワーを背景に、初代スカイラインと並んで映っている写真を披露。「本当にこの時代に撮った写真みたいで不思議。面白いですね。子どもが見たら信じちゃうかも。いろんな時代に行けるのが楽しい」と満足した様子だった。

 本イベントは、4月21日から24日の4日間、六本木ヒルズアリーナ(六本木ヒルズ内)にて一般公開され、フォトスタジオも体験可能。子どもの頃に憧れた懐かしのモデルに会いにいってみては。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • キアヌ・リーブス
  • 真田広之
  • 窪塚洋介
  • 西川貴教(T.M.Revolution)
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ
  • 竹原ピストル