OLIVER

“頭皮用ペーパー”に“汗蒸発パウダー技術”、進化するメンズ向けデオドランド剤

BODY
 汗の臭いが気になるこれからの季節。昔と違い、男も当たり前のように体臭ケアをする時代だから、各社からメンズ向けのデオドランド剤がこぞって販売されている。そこで、今夏に向けて新登場した商品をピックアップ。ワキや足の臭い、汗染みなどで悩んでいる人は、いろいろ試して救世主となるアイテムを探してみては。

 マンダムから登場したのは、汗臭、加齢臭だけでなく40代にピークを迎えるミドル男性の脂っぽい汗のニオイ“ミドル脂臭”向けの「ルシード カラダと頭皮のデオぺーパー」。主に後頭部から発生するとされる脂臭に着目した商品で、液がたっぷり浸ったペーパーで身体から後頭部まで、臭いの原因となる汗、皮脂、菌を1枚で拭き取れる。“ミドル脂臭”は、加齢臭とは異なる30〜40代男性特有の臭いで、マンダムが独自に発見。汗に含まれる「ジアセチル」が原因物質となり、主に後頭部・首の後ろから発生するという。

 花王の新商品「メンズビオレ デオドラントZ」は、殺菌効果と制汗効果を従来のものからアップグレード。皮脂の中の菌だけでなく、臭いの原因のひとつであり殺菌が難しいとされてきた“汗の中の菌”にも効果を発揮する。また、従来の“制汗作用”は、汗腺にフタをして汗を抑制していたが、本商品では、汗を瞬間的に蒸発させるドライパウダー技術を開発。汗の多い夏場に向けて、汗染み対策にもなるという。2月の販売開始から約1ヶ月間で90万個を販売し、当初の予測(2017年2〜3月予算計画比)の3.7倍と好調だ。

 そのほか、資生堂の「エージーデオ24」からは、男の汗、脂、臭いに対応したメンズライン「エージーデオ24メン メンズデオドラントスプレー N」を2月から発売。女性に比べ皮脂量が2倍ほど多く、汗の量も多い男性が“24時間、いつでもどこでも肌快適ケア”ができるようにとのコンセプトで登場。スプレータイプ、スティックタイプ、シートタイプの3タイプで展開。

 「職場で他人の体臭が気になったことがある」という人が68.0%(花王調べ、16〜49歳男女対象)もいる現状で、翻せば自分の汗や臭いを気にしている人も多いはず。効果は人それぞれだから、自分に合うものを見つけて快適に夏を過ごしたい。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ