OLIVER

JTB×ビームスの新プロジェクト『JTBeams』って?

PLAY
 JTBとビームスが共同して地方の地域活性化を目指すプロジェクト『JTBeams(ジェーティービームス)』が4月26日に発足。JTBが持つ“旅のプロデュース力”、“ネットワーク力”と、ビームスならではの“高感度なセレクト力”、“企画力”を融合し、今後、日本各地の“埋もれているモノ・コト・ヒト”に光を当てていくという。

 プロジェクトの第1弾は、九州。そのなかでも歴史的な背景や魅力的な伝統文化を持ちながらも、産品が眠ってしまっている“宝島”、「天草」を皮切りにスタートする。具体的な内容は、タブロイド「LIFE IS A JOURNEY.九州と天草」の発行、ビームスセレクトの大物産展の開催、特設サイト「BEAMS PLAY in 九州」の開設の3つと、それに連動した新しい旅のプロデュース。

 タブロイド「LIFE IS A JOURNEY.九州と天草」は、写真家・若木信吾氏が取りおろした写真と共に、彼の視点で捉えた“まだ知られていない天草の魅力、風景”を紹介するもの。通常のガイドブックには載らないような何気ない風景やスポットを、素朴ながらどこか暖かみのある写真で魅力的に伝えていく。クオリティの高い写真は眺めているだけでも十分に楽しめるから、コレクションしてみるのもいいかも。ビームス店舗と一部のJTB店舗で手に入る。

 「天草大物産展」は、“あっぱれニッポン”をコンセプトに、日本の“いいモノ”をキュレーションして発信していくショップ「BEAMS JAPAN」(東京都新宿区)にて、5月28日まで開催。ビームスのバイヤーが現地に赴き、“ビームス目線”でセレクトしたものが並ぶ。“既存のモノ”、“伝統工芸とビームスのコラボ商品”、“既存のモノにビームスの視点でまったく新しい使い方を提案するモノ”の3つの切り口で紹介。全国でも数少ない陶磁器のタコつぼを植木鉢として提案したり、一般には販売されていなかった伝統竹細工の業務用の竹かごを販売したりと、通常の物産展とはひと味違ったものになっている。

 特設サイト「BEAMS PLAY in 九州」では、「行ってみた。食べてみた。やってみた。」をコンセプトに、ビームススタッフやタレントなどジャンルの異なるキャストが、実際に旅行を体験した動画を公開。まるで友人のSNSにアップされた動画を観ているようなリアルな作りで、“実際に自分が旅したら・・・”が想像しやすい。そのほか、天草出身の放送作家・小山薫堂氏のおすすめスポットも紹介されている。

 “エンジョイニッポン”をテーマに掲げた本プロジェクト。今後は、共同での旅行商品の開発や、新たな旅の仕組み作りを行っていくという。JTBとビームスが、自分の地元をどのような視点で紹介してくれるのか、はたまた、自分が目を向けてもいなかった地域をどんな切り口で提案してくれるのか、楽しみなところ。対象となる地域は、シーズンごとに変わっていく予定。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 西川貴教(T.M.Revolution)
  • 藤原竜也
  • 野村萬斎
  • 長澤まさみ
  • 松岡充
  • 倉科カナ
  • 竹原ピストル