OLIVER

街乗りに特化したオランダ生まれのスマートバイクVanMoofが日本初上陸

VEHICLE
 オランダ・アムステルダムの自転車ブランドVanMoofの次世代スマートバイク+電動アシスト付き最新モデル「Electrified X」が日本発売することが、18日に発表された。本製品は都会の街乗りに特化した、新しいコンセプトの自転車。スマホとの連携、高耐久性、自転車泥棒対策、クイックな施錠・開錠などライダーをサポートする各種機能を搭載する。

 VanMoofは2009年にオランダで設立された独創的な自転車ブランドメーカー。2016年に発売した電動アシスト付きスマートバイク「Electrified S」で世界各国から注目を集めた。これまで日本ではVanMoofのスタンダード自転車のみ輸入販売が行われており、一部の熱狂的ファンのハイエンドな自転車として知られていたが、この度、世界有数の都市である東京をイメージしてデザインされた新モデルVanMoof「Electrified X」として日本上陸となった。

 電動アシスト機能は「長距離バッテリー」「強力モーター」が特徴。1回の充電で最大約120km(※VanMoof調べ)の走行距離を誇り、パワフルな高性能モーターは最大24km/hまで軽々とアシスト。また、独特なフレームの形状、4色のカラー展開とフロントキャリアを選べるカスタマイズ性などデザインの美しさにもとことんこだわっている。さらに、次世代スマートバイクならではのキーレスロック、盗難防止機能などスマートテクノロジーを、フレーム内にスッキリ完全収納。シンプルデザインにすることで耐久力の向上にもつながっている。重量は約18kg。

 スマホなどデバイスと連動するスマートテクノロジーは専用アプリをダウンロードして活用する。自分の自転車の場所を知らせるトラッキング機能を搭載し、万が一盗難に遭ってしまった場合はVanMoofのバイクハンターが捜索してくれるサービスも。また、専用アプリとバイクをBluetoothでリンクすることでユーザーを認識し、ダッシュボードのパネルにタッチをするだけでスムーズに解錠。すぐに乗りだすことが可能だ。

 VanMoof「Electrified X」は2017年後半に順次出荷予定。先行プレオーダーは5月23日20時からオフィシャルサイトで開始。価格は37万だが、プレオーダー期間は27万円の特別価格で受注する。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ