OLIVER

男の冒険心がうずく! 世界のダイナミックなトレッキングスポット

PLAY
 そろそろ夏旅の計画をはじめる頃。海外旅行というと観光かリゾートが目的になりがちだけど、もっと能動的にアクティブに、「せっかく異国に行くなら貴重な体験をしたい」と思う男は少なくないはず。そこで、旅先の大自然を肌で感じ、日本では出会えない絶景に感動すること必至の“世界のトレッキングスポット”を紹介。

■アイスランド:“ソウルヘイマヨークトル氷河”で氷の壁を登る
 アイスランド南部にある、全長8kmにも及ぶ壮大なソウルヘイマヨークトル氷河は、世界でも珍しい“黒い氷河”。その下にある、アイスランドで一番活発な火山から噴出した灰に覆われたため。青く美しいほかの氷河とはひと味違った、幻想的な世界をトレッキングできるスポット。

 氷河に入れば、長い年月をかけて作られた想像を超える巨大な氷の塊やクレパスなどを間近に見ながら、アップダウンのある氷上をトレッキングできる。そびえ立つ氷壁をピッケルやアイゼンを使いながらクライミングするのも、なかなかできない貴重な体験。

 個人で行くのは難しいけれど、現地には用具のレンタルとガイド付きのツアーが複数ある。オーロラ鑑賞だけじゃない、アイスランドの壮大な自然を体感しに行ってみては。

■アメリカ・セドナ:カセドラルロックの頂上へ
 ネイティブアメリカンの聖地として、また、スピリチュアルスポットとして知られるセドナ。精神的なものを好むか好まざるかはさておき、見渡す限りの赤土と独特な生態を持つ植物、美しい岩山が立ち並ぶ壮大な景色は、一度は目にしたいところ。

 遠くから全景を眺めるのももちろんいいけれど、現地では、その中に足を踏み入れて岩山をトレッキングできるツアーが多くある。なかでも、アップダウンの差が大きく、ある程度の体力を必要とする“カセドラルロック”の頂上を目指すコースが、男には魅力的。

 片道約1時間半という長くはない行程ながら、手をつきながらでないと登れないほどの急勾配もあるコース。途中には川や眺めのいい場所もあり、珍しい植物や景色を楽しみながら登ることができる。頂上からの景色は絶景で、参加者からは「感動の一言」との声が多数。大自然のパワーを全身で感じに行ってみて。

 このほか、世界には魅力的なトレッキングコースがまだまだ数多くある。夏旅の選択肢に入れてみては。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • オダギリジョー
  • 玉山鉄二
  • 古谷徹
  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ