OLIVER

西川貴教、デビュー20年目の心境語る「70周年まで現役、まだまだ天下を取りたい」

CULTURE
 T.M.Revolutionとしてデビュー20年。ミュージシャンとしてはもちろん、自身が所属する芸能事務所で代表取締役も務め、プロデューサー・実業家としても活躍する西川貴教。前向きで明るく社交的という世間のイメージとは違い、元々はネガティブで人見知りな部分もあったが、心身共に鍛錬を積み重ねた結果として今があるという。そんな彼の心の鍛え方を綴った著書『おしゃべりな筋肉―心のワークアウト7メソッド―』(新潮社)の制作秘話、仕事観や人生の楽しみ方について語ってもらった。

■筋トレは、自信を持ってステージに立つために必要なこと

 「飛び抜けた才能やコネクションがあるわけでもなく、前向きで明るく社交的……とは言い難い性分で、相当な数の失敗をしてきた僕でも来ることができたこの地点までなら、きっと誰だって来られるはず。その為の考え方のヒントにして頂けたら嬉しいです。メンタルトレーニング本に近い内容なので、男性、特に僕と同世代から上の方にも是非読んで頂きたいと思っています。僕の人生や頭の中、生き方を綴った、ちょっと分厚いプロフィール本という思いで仕上がっています」

 著書では筋肉美も披露しつつ「いつでも準備OKであるために、日々のワークアウトを欠かさない」と綴っている。これは、準備ができているだけでなく、その先にある“いつでも最高のパフォーマンスを発揮するため”の西川流プロ魂の現れだ。「自分はこれだけやっている」と思えるだけのトレーニングを自らに課し、それを乗り越えることが自信につながっているという。

 「僕が筋トレを始めたのは歌うための身体づくりだったんです。でも、もはやトレーニング量はその範疇を超えてしまっていて、今僕の身体についている筋肉のほとんどは、歌うこと自体には関係なくなってきているかもしれません(笑)。でも、僕が自信を持ってステージに立つためには、絶対に必要なものなのです」

■西川貴教のリーダー論「無駄な出会いなどこの世にはない」

 アクティブなイメージがあるが、人付き合いに悩んだ時期もあったという。アーティストであると同時に、会社の社長である西川。多くのスタッフをまとめ上げるリーダーとして、人を引っ張っていく秘訣をどう考えているのだろうか。

 「地球上には約70億人の人がいる中、実際に会えるのは何人いるんだろうって考えると、自分にとって意味の無い出会いなんて絶対に無い。たとえコントロールが難しい部下がいたとしても、その大切な出会いを自分からシャットダウンしないこと。全ての出会い一つ一つに意味がある、と思えるかどうかがリーダーとしての才覚なんじゃないかなと思っています」

 「自分の会社で企画会議をする際にも、すごく気をつけています。出てきた案に、ダメとかイヤとかって、誰でも言えるんですよね。そうではなくて、もしもその案を否定するのであれば、それを超えるものが自分の中から出せないと、人はついて来ないと思うんです。だから、より良いものを生み出すために、アンテナは常にビンビンに張って、プロジェクトの精度をどう高めていくかを、いつも自分自身に課しています」

■西川流の楽しく生きるコツは「期待されることを、喜ぶ」こと

 「期待されることをプレッシャーに感じてしまう人も多いかもしれません。でも、そもそも自分に期待してくれている人は、出来ると思ってくれているから期待してくれているのであって、出来ないと思われていたらそんな話はしない。それはもしかしたら自分にとって自信のないことかもしれない。でも、自分が気づけていないだけで、新しい可能性が見出せるチャンスかもしれないんです。そう考えると、頑張ろうと思えてくるはず。そしてその先に新しい自分を見つけることが出来たら、きっともっと人生が楽しくなると思います」

 「興味関心ごとの拾い方、拾った後の広げ方、発言時タイミング、言葉の選び方、すべて自分自身を作り出しているものです。自分自身のアンテナは常にメンテナンスとアップデートをしていかなければ、あっという間に錆びていってしまいます。僕は“なまくら”でいたくないんです。のアンテナをしっかりとメンテナンスして、アップデートしているかが重要。年齢を重ねていくと、新しいことを始めるのが面倒くさかったり、恥ずかしかったりしますが、僕は何かを始めるのに早いとか遅いとかは関係ないと思っています。どんな時でも始めたいと思った瞬間に動き出したい。初めはみんな誰だってアマチュアなんだから、面倒くさがらず、恥ずかしがらず、どんどんいろいろなことに挑戦していきたい」

 T.M.Revolutionとしてデビューして20年の節目に書いたのが本書。これから先の西川貴教としての目標も次のように明かした。

 「僕は、まだまだ本気で天下を取りに行きたいと思っています(笑)。もっともっと有名になって、たくさんの人に会って、いろいろな場所に行って、多くのものに触れたい。そしてそこで培ったものを、自分なりの方法で表現をしていきたい。20年後の40周年も、70周年も、今のように当たり前のように迎えたいですね」。
西川貴教の著書『おしゃべりな筋肉―心のワークアウト7メソッド―』は新潮社から発売中。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 西川貴教(T.M.Revolution)
  • 藤原竜也
  • 野村萬斎
  • 長澤まさみ
  • 松岡充
  • 倉科カナ
  • 竹原ピストル