OLIVER

100巻突破『キャプテン翼』作者・高橋陽一「翼がくれた世界への感謝」

CULTURE
 サッカー漫画の金字塔、『キャプテン翼』。1981年に週刊少年ジャンプにて連載が開始されて以来、現在までシリーズが続き、2017年6月に刊行した『キャプテン翼 ライジングサン』6巻をもってシリーズ通巻100巻を迎えた。19歳で漫画家デビューしてから約36年のキャリアを誇る、作者の高橋陽一氏がオリコンの取材に応じ、『キャプテン翼』誕生秘話や、仕事へのこだわりなどを語ってくれた。

■“キャプ翼”作者は、野球漫画大好き少年だった

 『キャプテン翼』は日本サッカー界に大きな影響をもたらした作品。今でこそサッカーは人気スポーツになっているが、プロリーグのなかった1980年代は今ほど市民権を得ていないスポーツだった。それが、『キャプテン翼』以前と後ではサッカーの競技人口が劇的に変わったといわれている。日本で、世界で活躍するプロサッカー選手の中でも『キャプテン翼』に影響を受けたと公言するプレーヤーも多数存在する。ペンで偉業を果たした高橋陽一氏は、どういう思いで漫画を描き始めたのか。

 「100という切りのいい数字を見ると、改めて長く描いててきたなと感慨深いです。漫画家になった当時は、ここまで長くやるイメージは全くなかったですね。その場の全力投球を続けてきました。子供の頃から絵を描くのが好きで、漫画を読むのも好きだったので、ごく自然に “漫画家”という仕事を選びました。『巨人の星』(梶原一騎)、『あしたのジョー』(ちばてつや)、手塚治虫先生の作品とか、ジャンル問わず漫画全体が好きな少年でした。特に『巨人の星』は子供のころから野球が好きだったから、ボロボロになるまで読んでいました。キャラクターが好きというよりは、“野球漫画である”ということが僕にとっての魅力でしたね。その後も『ドカベン』(水島新司)も熟読しました」

 野球漫画大好き少年だった高橋陽一氏がサッカー漫画を描くきっかけとなったのが、1978 年にアルゼンチンで開催されたFIFAワールドカップだったという。

 「高校3年生の時にアルゼンチンのワールドカップを見て初めて、“サッカーって面白い”と思って、そこから興味を持ったんですね。当時はインターネットもなくて、サッカーメディアも少なかった。サッカー雑誌をむさぼるように読んでいました。バックナンバーも探してね。当時のワールドサッカーシーンは雑誌で少しずつ知識をつけていきました。漫画を描く前の状態でも、スポーツは好きでしたから、ペレは大好きな選手でした。アルゼンチンワールドカップではマリオ・ケンペス(大会MVP)、その後はマラドーナが出てきたりとか、当時はすごいなと思って楽しみに見ていました。サッカーの醍醐味はゴールシーンですよね。そこに至る過程を含めて好きですね」

■『キャプテン翼』に込めた作家の“夢”、「途方もない夢に向かって頑張ることのすばらしさ」

 漫画家になった当初、読者に伝えたかった高橋氏の想いの核はどんなものだったのだろうか。キャプテン翼に込めた作家としての“夢”とは。

 『キャプテン翼』という作品のテーマは“夢をもって頑張る”ということ。それをずっと描き続けてきました。大空翼の夢は“世界一のサッカー選手になること”であり、“日本をワールドカップで優勝させる”こと。その途方もない夢に向かって頑張る少年たちの姿を描きたかったんです。もう一つ伝えたかったことは、連載当時、日本のサッカーは盛んとは言えませんでしたし、プロリーグもなかったので…“この面白いスポーツを伝えたい”って思いはありましたね」

 「影響を受けたと言ってくれるプロ選手がいますが、素直に嬉しいです。当時は今みたいにサッカー番組もなかったし、サッカー情報を自由に取れる時代じゃありませんでした。『翼』でサッカーを勉強した人とか、サッカーをしない人でも翼を読んで”サッカーってこういうものなんだ”って分かってもらえたりと、『キャプテン翼』はサッカーの素晴らしさを伝えるツールにはなれたのかな、少しは貢献できたのかなって嬉しく思います」

■100巻続いた秘訣は、キャラクターの魅力

 100巻まで続いた秘訣について本人の見解を聞いた。どんなポイントが読者をつかんだのだろうか。

 「続いた理由は、キャラクターたちの魅力が色あせないからかなと。好きでいてくれている人がいるから続いた作品なんじゃないでしょうか。最初の小学校の全国大会を描き終わったくらいから、こいつはこうで、こういうプレーヤーで…と人物像が固まってきて、キャラクターが一人で歩いていくような感覚がありましたね。中学生編はキャラクターの方が際立って僕の想像を超えてた。特に一人歩きしているキャラは、石崎了、日向小次郎、大空翼の3人かな。石崎君はやっぱり描きやすかったですね」

 「一方、新しいキャラクターを登場させても、それが定着しないという葛藤はありました。井川岳人を日本のディフェンスの柱にしようと思っても、次藤洋の方が読者の人気としては強かったり。初期から出ているキャラは読者の皆さんの思い入れが強くて、なかなか敵わない。漫画もリアルのスポーツでの選手の新陳代謝と同じ悩みがありますね」

■サッカーを少年たちの憧れのスポーツに

 「ボールはともだち」をはじめとする名セリフのほか、ダイナミックな描写も人気を博した理由のひとつ。大空翼と岬太郎2人が同時にボールを蹴るツインシュート、立花兄弟の空中技スカイラブハリケーン、翼のライバル・日向小次郎のタイガーショット…。必殺シュートは、時にコンクリートにめり込み、キーパーをふっ飛ばし、ゴールネットを突き破る。その必殺シュートに全国のサッカー少年たちは憧れ、夢中になった。

 「オーバーヘッドキックは『キャプテン翼』の人気が出たきっかけになった必殺シュートですし、描いていて一番楽しい。“実際にできる技”の中では一番好きですね。サッカーの情報が少ない知識がない時代に、ペレのオーバーヘッドキックの映像や写真を見てカッコいいと思ったんです」

 小学生大会において、大空翼の南葛SCはグループリーグ戦で日向小次郎率いる明和FCに敗れるも、再戦で雪辱を果たし全国優勝を遂げる。このストーリーにも高橋氏のスポーツ愛によるものだ。

 「一度敗北するのは、実は計算通りでした。サッカーは、一回負けても優勝できるチャンスがあるスポーツですから、そういう部分もちゃんと物語にしたかった。そして、決勝では?負けの借りを返す”わけです。中学校の大会は、翼を優勝させようと思っていたんですが、日向君が頑張っていたので…両方優勝でもいいかなと、描きながら変わっていきました。それもキャラクターが歩いた結果ですね」

■仕事人としての高橋陽一が大切にしているのは「プロの誇り」

 週刊少年漫画誌といえば、漫画家が憧れる花形であり、激戦区。それを戦い抜くための秘訣を明かしてくれた。高橋陽一流のオンオフのバランスの取り方、ピンチの乗り越え方とは。

 「戦い抜く秘訣は“諦めないこと”です。原稿を落としたことはなかったのですが…ワールドユース編が途中で打ち切られてしまった。それはつらかったですね。その前の作品も打ち切られているのですが、それは作家としての実力不足。次の作品で盛り返そうっていうことに尽きる。落ち込むことはありますが、楽観的なので立ち直るのは早いかもしれないですね。“打ちながら次に行く”みたいな感じです。それを続けて来られたのも、やっぱり、漫画が好きっていう思いですね」

 「週刊誌の連載は体力的にキツいと言われますが、僕はペンは早い方だったんです。ネームも早くて、当時は体力もあったし、週刊連載きついなってあまり思わなかったですね。丈夫な身体に生んでくれた親に感謝しています。それこそ4日で仕事終えて3日遊ぶっていうことをやってましたね。とはいえ、煮詰まることはやっぱりあります。そういう時はスイッチを切っちゃう。リフレッシュしたところでスイッチを入れ直すタイプです。元々漫画が好きですから、休んでいると自然と漫画を描きたくなるものなんですよ」

 「基本は、アシスタントの細部まであまり干渉はしません。アシスタントもプロとしてやっているので、お互いプロの関係には徹していますね。プロなんだからこれはやってかないといけないよね、プロなんだから…という基準で日々の仕事をしています。ハタチのころからアシスタントを入れて漫画を描いてきました。当時は年上のアシスタントと仕事することが多かったですし、そこで培ってきた経験値はあります。そういう意味では、今のほうが楽は楽ですよね。人付き合いなのでうまくいかないことも当然ありますが、“プロ同士”であることが根底にあります」

 「おかげさまで原稿を落としたことは一度もない。締め切りは守るっていうことに関してはずっとクリアしています。ただ、芸術家としてはどうなのかなと。本当の芸術家は締め切りを気にしないんだろうな、自分は芸術家じゃないなって思います(笑)」

■漫画の世界をリアルに広げていきたい

 「今は連載自体は体力的にキツいですが、絵を描くことは好きなので、イラストなり絵を描く仕事は今後もずっと続けたい。漫画以外の作画のチャンスは増えています。以前、『キャプテン翼展』という原画展をやらせていただきました。普段描く漫画は、原稿用紙の大きさが決まっているので、大きい絵を描くのが楽しかった。僕は今もデジタルじゃなく手描きでやっています。自分の作画は柔らかい画風なので紙が合うと思うんです。それに、画像データではなく、一枚の絵として残したいという気持ちがあるんでしょうね。原稿はそのまま額縁に飾れるものにしたいと思って描いています」

 現実のメーカーも作中に登場しているほか、今年の夏には『キャプテン翼』の舞台公演も行われる。漫画以外のステージではどんな夢を持っているのだろうか。

 「サッカーといえばアディダス、というイメージがあって作中で翼はアディダスを身に付けています。若林源三はアディダスからプーマに変わりましたが、その時の感覚ですね(笑)。日向だったらナイキ。それも、このキャラが実在したらこうかな?って考えています。大空翼モデルのサッカースパイクとか、そういうものも創っていきたい。漫画から派生して、立体とか、『キャプテン翼』の世界を広げていけたら素敵ですよね」

■翼が見据えているものは、ワールドカップの優勝

 主人公の大空翼は、小学生、中学生、高校生で全国優勝を果たし、世界のトップリーグ、バルセロナに所属。最新シリーズでは、日本代表チームのキャプテンとしてチームを引っ張っている。この先『キャプテン翼』の物語はどこまで続くのか、ズバリ聞いてみた。

 「最新シリーズではオリンピックの話を描いています。それを盛り上げてしっかり終わらせたいという気持ちが強い。その先のことは白紙です。昔から翼はワールドカップ優勝を夢にしていますから、この次はワールドカップの話になるんだろうなと思っています。とりあえず今はオリンピック優勝を目指して頑張っています。それがすべてですね」

■読者へメッセージ「夢をもつことを諦めない」

 「たまに電車に乗ると、毎日これに乗らなくて良かったとか、自由に時間を使えるのでそれが良かったなって思います(笑)。読者の反響があるのがうれしいし、自分が好きなことを仕事にできているのですごく幸せですよ。漫画家を選んで間違いはなかった。自分の天職です。昔から『キャプテン翼』を読んでいた人がお父さんになって、今、子どもに読ませてくれたり、そういう声はよく聞きますね。世代を超えて子供が読んでくれるのは、本当に嬉しい。自分の想いはすべて作品に投影しています。夢を持つこと、諦めないこと、ライバルとの関係、チームプレイ…、世の男性たちには、“夢に描いた自分”を諦めずに頑張ってほしいです」

 「『キャプテン翼』は漫画家としてのライフワークです。キャラが活躍して世界にも出て行って、仕事で海外に行っても翼を知っている人がいて、世界の人に愛されている。翼たちがくれた世界に自分が感謝しています」

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 北野武
  • MIYAVI
  • ISSA(DA PUMP)
  • オダギリジョー
  • 玉山鉄二
  • 古谷徹
  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ