OLIVER

ギターアンプ風デザイン、Fender初のワイヤレススピーカー「MONTEREY」「NEWPORT」

LIFE
 世界で展開するエレクトリックギター・ベースのブランド「Fender(フェンダー)」初のBluetoothスピーカーが7月24日から発売される。本格サウンドが楽しめる「MONTEREY」と、小型で気軽に持ち運べる「NEWPORT」の2種類が登場する。

 「MONTEREY」「NEWPORT」両製品名の由来となっているのは、ジミ・ヘンドリックスやボブ・ディランなどが出演した伝説のロックフェスティバル。両モデルともに、ギターアンプをモチーフにしたデザインと機能が特徴で、コントロール部でボリューム、トレブル、ベースの調整ができ、音質のカスタマイズができる。電源オンやBluetooth ペアリングの際にギターサウンドが鳴り、フェンダーブランドならではの音楽ファンをくすぐる演出を取り入れている。

 Bluetoothスピーカーでも本格的な迫力あるサウンドを楽しめるのが「MONTEREY」。フェンダーの定番アンプデザインを踏襲したフロントグリル、青色に光るジュエルランプなどのルックスは、インテリアとしても優れたデザイン性を誇る。2つのフルレンジスピーカーと2 つのウーファーによって、小規模なパーティでも使えるほどのタイトでパワフルなサウンドが特徴だ。背面の「Sharp」スイッチは、さらにトレブルとベースを強調しより迫力のあるサウンドモードに。外部入力には、AUX IN 及びレコードプレーヤーなどと接続するRCA 入力端子を備え、用途や環境に合わせてさまざまな使い方ができる。市場想定価格は税抜4万4800円。

 「NEWPORT」はポータブル性、スマホとの連携に特化したモデル。内蔵バッテリーは 3時間の充電時間で、最大約12 時間の連続再生が可能。キャンプやビーチなど屋外など電源のない場所でも好きな音楽を気軽に再生できる。コンパクトながら音にもこだわって設計されており、2つのフルレンジスピーカーとツィーターを搭載。また、スマホとの連携を想定し、エコーキャンセラーを搭載しているため、スマホのペアリング時にはクリーンなサウンドでハンズフリー通話ができる。背面のUSB ポートはスマートフォンの充電にも活用できる1000mA 出力で、いざという時に便利だ。市場想定価格は税抜2万4800円。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 北野武
  • MIYAVI
  • ISSA(DA PUMP)
  • オダギリジョー
  • 玉山鉄二
  • 古谷徹
  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ