OLIVER

伊勢谷友介、ジョジョ映画について語る「承太郎は歴史上の人物のよう」

CULTURE
 人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)の実写映画化作品であり、ファンの注目を集める大作『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が8月4日から公開される。最強の男、空条承太郎役で出演する伊勢谷友介に“ジョジョ”への想いと仕事へのこだわりについて語ってもらった。

■『ジョジョの奇妙な冒険』とは

 集英社の週刊少年ジャンプで1987年から連載され、シリーズ累計で100巻(スティール・ボール・ラン、ジョジョリオン含む)を超え、累計発行部数は1億部を超える。映画では単行本の29〜47巻、Part4(連載時は第四部と表記)の「ダイヤモンドは砕けない」を描く第1弾となる。実写化不可能といわれたコミックに三池崇監督が挑み、東宝とワーナー・ブラザースがタッグを組んだ大作となっている。

 伊勢谷友介が演じる空条承太郎は、“ジョジョ”シリーズ『Part3 スターダストクルセイダーズ』の主人公であり、『Part4 ダイヤモンドは砕けない』でも重要な役割で登場する。時を止める能力のスタンド使いで、原作シリーズでも“最強の男”として描かれる存在だ。承太郎のスタンド・スタープラチナがパンチのラッシュを繰り出す際の「オラオラオラオラオラオラオラオラ!」という描写が有名だ。

■「ものすごく好きなキャラクターだから役者としてやらない理由はない」

 「僕の知人の息子さんにも“承太郎”君がいます(笑)。子どもに名付けたくなるくらい、世の男性にとって空条承太郎はヒーローであり、『ジョジョの奇妙な冒険』は名作ですよね。キャラクターと出会って人生が変わった人がたくさんいて、そのキャラには美学がものすごくあって。だからこそ、そこから外れるようなことを僕がしてしまったら、ものすごく悲しむ人がいるでしょう。それはプレッシャーでありひとつのモチベーションになっています」

 「もう一つの視点でいうと、実写で表現していくことは原作ファンには申し訳ないと思う気持ちもあるのですが、ものすごく大好きなキャラクターだからこそ、役者としてはオファーをいただいて“やらない”と答える理由はないですよね。本当に申し訳ないのですが、空条承太郎という役を自分の意思でお受けしました」

 「僕は第三部(現在の表記はPart3)が好きでした。だんだん止める時間が長くなるスタンドなんですよ!」とにこやかに語り、実際、伊勢谷個人としても『ジョジョ』は読んでいて、好きな作品だったという。

■“承太郎”の役作りは歴史上の人物と同様のアプローチ

 本作はもちろん、過去には『CASSHERN(キャシャーン)』の東鉄也、『るろうに剣心』シリーズでの四乃森蒼紫、『あしたのジョー』の力石徹など、漫画原作ものでヒーローや重要な役を演じてきた伊勢谷。“原作もの”に関わる上で役者として大切にしている部分は何だろうか。

 「漫画の場合は、キャラが出来上がっています。それと似ているけれど少し違うのが、歴史上の人物を表現するときですね。歴史上の人物は、その人が成し遂げた史実と、残された逸話から世の中における人物像を平均化して作っていきます。そこからさらに、“どこを飛びぬけて表現すると特殊な人物像になるのか”と考えながら演じますね。今回の承太郎の役作りも僕の中では近いものがありました」

 「漫画のキャラは現実離れした言動をするじゃないですか。例えば台詞ひとつでも「ガタガタぬかすんじゃねえこの小娘が!」みたいなことを承太郎は言いますが、このご時世そんな物言いをする人はいないですよね。あのジャケットからファッションも現実には奇抜すぎますからね(笑)。漫画原作の場合は、キャラをそのまま演じればいいわけはなく、リアルな人格に落とし込むとどうなるのか、ということを考えて演じています」

■伊勢谷友介にとってのヒーローは「未来に向けて行動する人」

 男にとってのヒーローである空条承太郎を演じる伊勢谷友介。俳優、映画監督、自身が代表を務める「リバースプロジェクト」の代表でもあり、企業とのコラボレーションも行っていて、エネルギッシュに活動の場を広げている。伊勢谷個人として、子どもの頃に憧れた人物や目標とする存在について聞いた。

 「本当に小さい頃は空を飛びたくてパイロットになりたいと言っていたようですが、多感な時期は特に憧れる存在・目標になるような人はいませんでした。今の方が、憧れる人というか、生き方として尊敬できる人物像は明確ですね。人として尊敬するには、今の状況から未来のことを想像して行動している人でないと、僕は納得できないんでしょうね。僕は、『花燃ゆ』(NHK)で吉田松陰役をやらせていただいた時から、「知行合一(ちこうごういつ)」、すべからく知ったことを実行に移す、ということを心掛けています。社会に出て、自分の頭で考えて未来のために行動している人はカッコいいと思います」

 注目作『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日から公開。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ