OLIVER

“スポーツの街”トロントで巡りたい おすすめのスポーツバー

FOOD
 男ひとり旅に、カナダ・トロントでのスポーツバー巡りはいかがだろう。北米4大プロスポーツリーグのうち、MLB(メジャーリーグ)、NBA(バスケットボールリーグ)、NHL(ナショナルホッケーリーグ)所属のチームをもつトロントは、隠れた“スポーツの街”。市内にはスポーツ・バーがたくさんあり、スポーツファンが夜な夜な集う。おひとり様でも気軽に入れ、治安は良好。訪れた中から、クラフトビールとバーフードが堪能できる、“バー・ホッピング”におすすめの3店舗を紹介。


01 トロントが誇る地ビール醸造所『スチーム・ホイッスル・ブリュワリー』
 
 小規模ビール醸造所(マイクロ ブルワリー)・ブームが起きているトロントの中で、最も有名かつ人気なのがトロント発の「Steam Whistle Brewery(スチーム・ホイッスル・ブリュワリー)」だ。

 汽車の格納工場からスタートし、現在も同じ場所にあるこちらのブルワリーは、キレの良さで評判のピルスナーを醸造。味は、天然水、麦芽、ホップ、イーストのみで作られているだけに、喉越しすっきりかつライトな味わい。事前にオンライン予約ができる工場ツアーもあるので、クラフトビール好きなら参加してみると、帰国時の話のネタにもなるだろう。

 カウンターでサンプル試飲もでき、ツアー参加者は瓶ビールが1本もらえるが、ぜひ、スポーツ観戦前後のビール好きたちでも賑わっている併設のバーで、こだわり尽くしたビールを楽しんでほしい。

02 試合後に選手が訪れる『ブレーズン・ヘッド』

 トロント・ローカルたちに愛される、伝統的なアイリッシュパプ&レストラン「Brazen Head(ブレーズン・ヘッド)」。2017年にスタートした、トロントを拠点とするプロフェッショナル・ラグビーチーム「トロント・ウルフパック R.L.F.C.」の選手たちが試合後に訪れることも。

 店内はスポーツファンで常に大満員。活気あふれる雰囲気の中、隣の席のスポーツファンたちと歓談もしやすく、一人飲みでもまったく寂しくない。北米系のビールやフードに飽きてくる頃に訪れてみると、また違った味わいと雰囲気を感じられるだろう。

03 大人のスポーツ・レクリエーションが体験できる『トラック・アンド・フィールド・バー』

 重厚な木の扉を開けると、いい感じのヴィンテージ感が漂う店内。ウッディーなカウンターには、地ビールのほか、インターナショナルなビールもラインアップ。その独特のクールな雰囲気の中で、大人のスポーツ・レクリエーションが楽しめるのが、「Track & Field Bar(トラック・アンド・フィールド・バー)」だ。

 ボーリングのようなプレイが楽しめるBocce Ball(バッチボール)、陸上版カーリングのようなShuffle Board(シャッフルボール)、そしておはじきのようなスタイルのCrokinole(クロックノール)という3種類のゲームが用意されており、好みのビール片手にそれらのゲームを他の客たちと気軽にプレイするもよし、ビッグスクリーンでスポーツ観戦するもよし。日本ではなかなか体験できないこれらのゲームに挑戦してみるのも価値あり。


【店舗情報】
01 Steam Whistle Brewery(スチーム・ホイッスル・ブリュワリー)
住所:255 Bremner Blvd, Toronto, Ontario
電話:416- 362- 2337
http://steamwhistle.ca/tour/tourInfo.php

02 Brazen Head(ブレーズン・ヘッド)
住所:165 East Liberty St. Toronto, Ontario
電話:416-535-8787
http://fabrestaurants.ca/restaurant/brazen-head/

03 Track & Field Bar(トラック・アンド・フィールド・バー)
住所:860 College St W. Toronto, Ontario
http://www.trackandfieldbar.com/

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 北野武
  • MIYAVI
  • ISSA(DA PUMP)
  • オダギリジョー
  • 玉山鉄二
  • 古谷徹
  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ