OLIVER

国内初、ガンプラの総合施設「ザ・ガンダムベース東京」が8/19オープン

PLAY
 国内初の「ガンプラ」を主体とした総合施設「THE GUNDAM BASE TOKYO(ザ・ガンダムベース東京)」が、港区のダイバーシティ東京プラザ内に8月19日にオープンする。

 バンダイで1980年7月から発売している『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル・「ガンプラ」は、累計4億7300万個以上を販売(2017年3月末時点)している模型史上最大のヒット商品。「THE GUNDAM BASE」は、アジアにおける「ガンプラ」ビジネスの拡大を目的に、オフィシャルショップとして日本に先駆けて2003年に韓国に、2005年に台湾に出店し、現在2カ国で計12店舗を出店・運営している。「ガンプラ」は日本発のコンテンツながら、逆輸入といった形で日本初のガンプラ総合施設「THE GUNDAM BASE」が登場することになった。

 『THE GUNDAM BASE TOKYO』は、訪日観光客の多い臨海副都心エリアで「ガンプラ」のさまざまな情報を全世界・全世代のガンダムファンへ発信する。約600坪の広大な施設内では、目的別に4つのゾーンに分かれている。

 「ショップゾーン」は、ほぼ全商品となる約2000種類の商品を販売し、棚には1500体のガンプラが展示される。中には、『ガンダムUC』のネオジオング、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』のデンドロビウムなどの巨大キットも展示され、ファン必見のディスプレイとなっている。同店のみの限定販売モデルも9種類用意。

 「ビルダーズゾーン」は、購入した商品をその場で組み立てることができるスペース。女性や小さい子どもなどガンプラ初心者には、経験豊富なマイスターが制作をサポートしてくれる。ガンプラ世界大会チャンピオンの作品展示も見どころだ。

 「ファクトリーゾーン」では、設計データなど貴重な資料の展示のほか、ガンプラ設計体験コーナーなどプラモデルが出来るまでを楽しく学べる企画を実施する。

 「イベントゾーン」は、今後さまざまなイベントを実施予定。オープニングイベントとして、TVアニメ「ガンダムビルドファイターズ」の等身大フィギュアやガンプラを展示する。


■『THE GUNDAM BASE TOKYO』
8月19日(土)オープン
東京都江東区青梅1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ7F
営業時間:10:00〜21:00
電話番号 :03ー6426ー0780
入場料:無料

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 北野武
  • MIYAVI
  • ISSA(DA PUMP)
  • オダギリジョー
  • 玉山鉄二
  • 古谷徹
  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ