OLIVER

90年代のアディダス名作シューズ「EQT」が進化したニューモデル

FASHION
 アディダスオリジナルスから、90年代に人気を博したスニーカー「EQT」を進化させた15モデルが8月24日より発売される。

 1991年にアスリートに最高のパフォーマンスを発揮させるために登場し、「The best of adidas」と呼ばれ人気を博した「EQT」シリーズ。1991年に登場した「EQT Racing」や、1993年に登場した「EQT Support」といった名モデルからインスピレーションを受けつつ、現代のテクノロジーにより進化を遂げた。以下の6モデルを筆頭に、合計15モデルのバリエーション豊かなEQTをラインアップ。

■「EQT Support 93/17」ユニセックスモデル

 EQTシリーズにおいて未来的なシルエットが特徴のモデルに、ニットテキスタイルアッパーを用いた新ラインナップ。側面には刺繍のディテールを施し、スリーストライプスが刻まれたBOOSTのミッドソールを採用。さらにサポートパーツやヒールキャップ、帯状テープのスリーストライプスをあしらう。


■「EQT Racing ADV W」ウィメンズモデル

 刺繍のディテールを施した伸縮性のあるストレッチニットをアッパーに採用したニューシルエット。1993年に登場した「EQT Racing」からインスパイアされた非対称のシュータンやレーシングシステム、スリーストライプスの刻まれたミッドソールが特徴的。クリーンなアクアカラーと対照的なブラックのアクセントが際立つ一足。


■「EQT Support RF」ユニセックスモデル

 メッシュアッパーにスエードのパネルとオーバーレイパーツを組み合わせ、クラシックな90年代のランニングスタイルをオマージュしたモデル。非対称的な巻き込み型のシュータンやサポートパーツ、帯状テープのスリーストライプスなど、クラシックなディテールが随所に施されている。カーボンブラックのカラーやヒール部分に施された刺繍のディテールによって、adidasのクラシックさがより際立ったデザインに。


■「EQT Support RF W」ウィメンズモデル

 メッシュアッパー、スエードパネル、シュータンとクオーターパネルのローラーニットに絶妙なあしらいを施した一足。オリジナルモデル「EQT Support」の要素を忠実に再現しつつ、オールブラックのアッパー、ホワイトのミッドソール、そしてターコイズカラーのコントラストが新鮮な印象を与える。

■EQT Support ADV(monkey time 先行発売モデル)

 1993年に登場した「EQT Support」をモダンなシルエットへと進化させた「EQT Support ADV」がコアブラックとランニングホワイトの2カラーで登場。スポーティーなメッシュとヌバックを組み合わせた快適なアッパーに、スリーストライプスが刻まれたホワイトカラーのEVAミッドソールを組み合わせ、サポート性を高めるTPUのヒールパッチや帯状テープのスリーストライプスによって仕上げられる。8月24日よりmonkey time各店にて先行発売、8月31日より一般発売となる。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 北野武
  • MIYAVI
  • ISSA(DA PUMP)
  • オダギリジョー
  • 玉山鉄二
  • 古谷徹
  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ