OLIVER

15通りの味を楽しめるGRAND Xのコーヒーメーカー「ACQ-X020」

LIFE
 タイガー魔法瓶のフラッグシップブランド「GRAND X(グランエックス)」シリーズから、コーヒー豆の抽出温度と時間を15通りから設定し、プロが淹れたような本格的なドリップができるコーヒーメーカー「ACQ-X020」(オープン価格)が9月11日に発売される。

 近年、豆の産地にこだわったスペシャリティーコーヒーを、1杯ずつ丁寧に抽出するスタイルがトレンド。本製品はコーヒーのプロが淹れる豆の個性を引き出す抽出を、家で手軽に実現するために開発された。

 抽出方法には、一定時間コーヒー粉に湯を浸した後、蒸気圧をかけて押し出す業界初となる独自の「Tiger Press」方式を採用。ペーパードリップでは抽出されにくいコーヒー豆の油分もしっかり引き出すチタンコートメッシュフィルターを用いて油分まで抽出することで、より深い香りとコクを楽しめる。

 抽湯温度は3段階(85度・90度・95度)、コーヒー粉の浸し時間は5段階(30秒・45秒・60秒・75秒・90秒)から設定する。抽湯温度と浸し時間の組み合わせにより、苦みや酸味を調節し、同じ豆でも15通りのお好みのテイストを実現。コーヒー豆の種類や特性に合わせた淹れ方ができるので、豆の個性が引き出せる。朝は酸味のあるスッキリとしたコーヒー、夕食後には深いコクのビターなコーヒーといった、シーンに応じた淹れ方ができる。

 抽出量は60ml(アイスコーヒー用)、120ml(1人用)、180ml(マグカップ用)、240ml(2人用)の4段階から選べるのも便利。サイズは幅22.6ミリ×奥行19.9ミリ×高さ29.8ミリで、シンプルかつベーシックなデザイン性の高さもGRAND Xシリーズの特徴のひとつ。

タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

OLIVER SPECIAL INTERVIEW

  • 長渕剛
  • 長渕剛
  • 伊勢谷友介
  • 小林武史
  • 窪塚洋介
  • 藤原竜也
  • 長澤まさみ